Pocket

kazokusou-hiyou

家族葬の費用面のメリット、デメリット

費用を抑えた葬儀が人気

家族葬とは一般的に参列者を呼ばずに家族・親族、親しい友人など、ごく少数の身内のみで行う葬儀のことを指します。業界で家族葬という言葉を厳密に定義しているわけではないため、中には参列者を呼ぶ一般的な葬儀を家族葬とも呼んでいます。

家族葬を希望する人が近年、急速に増加しています。家族に迷惑をかけたくないので葬儀にお金をかけないで欲しいという故人の希望や、最後の時間を家族だけで静かに過ごしたいという遺族の希望などが背景にあります。

家族葬で安くなる費用と注意点

家族葬は身内だけで行う葬儀なので、参列者数が少ないです。そのため、会食や返礼品などの飲食接待費用がほとんどかかりません。また、身内だけなので、豪華な祭壇や供花なども必要なく、葬儀全体を質素にすることで葬儀費用も低く抑えることが可能です。

しかし、家族葬にも気をつけなければならないことがあります。参列者数が少ないため、香典も当然少なくなります。そのため、葬儀により一層の注意をしなければ、費用が浮くどころか逆に負担が増えてしまうことにもなりかねないのです。

家族葬の相場・平均費用

一口に家族葬と言っても、家族のみで行う10人前後の小規模な葬儀や、親族も参列する20人前後の葬儀、故人と親しい人が50人以上参列する一般葬と呼べる規模の葬儀まで、葬儀の参列人数にはばらつきがあります。葬儀の規模に応じて、当然葬儀費用も変わってきています。一般に家族葬と呼ばれるのは10名〜50名の葬儀が多く、料金プランもそれらの人数ごとに設定されているものも多いです。

家族葬の費用の相場は葬儀の規模によりますが、概ね40万円〜100万円程度といえるでしょう。葬儀費用の全国平均が122.2万円ということを考えると、家族葬を選択することは確かに葬儀費用の節約にかなっています。家族葬で費用を抑えるポイントは参列者数を少なくすることです。葬儀に参列する人は家族や親族、故人と親しい間柄の人に絞るようにすることが重要です。

後悔しない家族葬のための葬儀社選び

葬儀は一度切りで、非常に高額な費用がかかります。家族葬は現在葬儀の主流といえるほど増えてきており、家族葬と言われたが蓋を開けてみれば普通の葬儀と何も変わらなかったということも少なくありません。後悔することのない忘れられない葬儀にするためにも、葬儀社を選ぶ際には以下の点を押さえることが重要です。

  • 葬儀の規模 (人数、参列者の有無)
  • 葬儀費用の明確さ (セットプラン、追加費用の有無)

最近では葬儀費用をわかりやすく明確にしたプランが増えてきており、さらには斎場利用料や火葬費用までを含んだ追加費用一切不要の葬儀サービスも増えてきています。地域の葬儀社だけでなく、こうした明朗会計の葬儀サービスの金額や特徴をしっかりと比較して、自分に合った葬儀社を選択することが何よりも重要と言えるでしょう。

優良葬儀社の家族葬プランの費用比較

小さなお葬式の家族葬

小さなお葬式は定額・追加費用一切不要の「小さな家族葬」というサービスを行っています。小さなお葬式が定額葬儀サービスを開始してから、同じビジネスモデルで様々な定額葬儀サービスが登場していますが、小さなお葬式は依然として業界トップクラスです。葬儀

小さなお葬式の特徴はやはり追加費用なしで葬儀ができるという点です。他社では火葬費用や斎場利用料などが含まれていないところも多く、実際に葬儀を行う場合は表示された金額よりも大きくなってしまいますが、小さなお葬式は葬儀に必要な費用が全て入った価格のため、非常に安心できます。

葬儀エリアは日本全国で、また提携斎場数日本一なので、他社よりも大きな斎場が利用可能です。小さな家族葬の参列者数は30名まで対応可能で、価格は税込493,000円です。また、事前の資料請求で5,000円の割引、500円で入れる早割では最大5万円の割引が受けられます。

サービス名 小さなお葬式
プラン 小さな家族葬
料金 493,000円
割引後 438,000円
参列者数 30名
対応エリア 全国
追加費用 不要

シンプルなお葬式の家族葬

シンプルなお葬式も定額・追加費用なしの「シンプルな家族葬」というサービスを行っています。運営元は葬儀社情報サイト「葬儀レビ」を運営する株式会社みんれびです。

シンプルな家族葬も小さなお葬式と同じく、定額・追加費用不要・全国対応というサービスです。シンプルなお葬式はさらに家族葬プランを、白木位牌や枕飾り、焼香などもない仏式にこだわらない無宗教の398,000円のプランと、仏式の418,000円のプラン、祭壇をワンランクアップさせた438,000円のプランがあります。シンプルなお葬式も事前の資料請求で5,000円の割引を受けることができます。

サービス名 シンプルなお葬式
プラン 家族葬39.8万円プラン 家族葬41.8万円プラン 家族葬43.8万円プラン
料金 398,000円 418,000円 438,000円
割引後 393,000円 413,000円 433,000円
参列者数 10~20名 30名
対応エリア 全国
追加費用 不要

家族葬のファミーユ

家族葬のファミーユは株式会社エポック・ジャパンが運営する葬儀社です。直営ホールのほか、フランチャイズ展開も行っており、青森、山梨、福井、島根、鳥取、香川、徳島、愛媛、高知、佐賀、長崎、大分を除く35都道府県に対応しています。

ファミーユの特徴は家族葬に特化したきめ細かいプランで、地域にもよりますが最大6つのプランから選択することが可能なので、質素な家族葬だけでなく、思い出に残る華やかな家族葬までカバーしています。

また、ファミーユのパックプランは全国一律ではなく、地域の葬儀慣習や斎場・火葬場事情に沿ったプランになっているのも特徴の一つです。例えば宮崎県では出棺の前の「出立の膳」という慣習がありますがファミーユのプランには出立の膳の費用が含まれています。一方で、地域によっては斎場や火葬場費用がプランに含まれていないものもあるので、追加費用がいくらかかるかにも注意が必要です。いずれにせよ、明朗会計は徹底しており、葬儀費用も適正価格と言えるでしょう。

ファミーユは入会金や年会費など一切の費用がかからない無料会員になることで、会員価格で葬儀を行うことが可能です。さらに二親等の親族まで会員割引を適用可能となるため、

サービス名 家族葬のファミーユ
プラン ファミーユ40 ファミーユ 60 ファミーユ80 ファミーユ100 ファミーユ120 ファミーユ150
料金 440,000円 660,000円 880,000円 1,100,000円 1,320,000円 1,650,000円
会員価格 400,000円 600,000円 800,000円 1,000,000円 1,2oo,000円 1,500,000円
参列者数 地域ごとに異なる(10~50名)
対応エリア 一部地域を除く35都道府県
追加費用 地域ごとに異なる

↓↓ファミーユの資料請求はこちら↓↓

家族葬のダビディア

家族葬のダビディアは東京・千葉・埼玉・神奈川の首都圏を中心に家族葬を専門に行っている葬儀社です。通常の家族葬の他、一日葬にあたるワンデー家族葬や、直葬にあたるメモリアル火葬などのプランがあります。

家族葬のプランは基本料金398,000円で設定されています。棺や仏具、スタッフなどは基本料金に含まれています。別途必要になる費用として、搬送費用や、火葬費用、霊柩車や式場使用料などは基本料金には含まれておらず、これらは3~10万円ほどが必要です。また、豊富なオプションも用意されています。

自宅で葬儀を行う場合は基本料金から20,000円引きとなったり、逆に音楽の生演奏を追加できたりと、家族葬を様々な方面にオーダーメイドできることが最大の特徴と言えるでしょう。最初は家族葬を考えていたが、途中から参列者にも来て欲しいといった場合でもダビディアは対応可能で、100名以上の大規模な葬儀にも対応可能です。

また、ドライアイスや遺体の安置料は全日数分無料なのは他社にはない大きな特徴です。また、おくりびとによるメイク納棺、古式湯灌のサービスも無料で行っています。

ダビディアには無料の会員制度があり、様々な割引特典の中に葬儀費用の1万円割引があるのでお得です。

サービス名 家族葬のダビディア
プラン 家族葬
料金 398,000円
割引後 388,000円
参列者数 斎場ごと
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉
追加費用 搬送費用、式場使用料、火葬、霊柩車など

心に残る家族葬

心に残る家族葬は株式会社メルメクスが運営する「5~50名までの参列者に特化した」定額葬儀サービスです。小さなお葬式やシンプルな火葬式と同じく、全国の提携葬儀社が葬儀を施行します。

家族葬は自宅で行う「心に残る自宅葬」の他、3つの家族葬プランがあります。どのプランも基本的には追加費用が一切不要です。会食が必要な場合や、参列者が多く、生花祭壇をグレードアップさせるときなど、低価格帯にとどめつつ、様々な状況の家族葬に一律の明朗会計プランを用意しています。

また、入会金1000円の会員で各プラン2万円〜7万円の割引価格で葬儀を行うことが可能です。年会費は無料なので1,000円のみで永続するお得な割引サービスで、会員の家族はもちろん、友人・知人など、会員からの申込であれば誰でも割引が可能です。

事前の資料請求ではさらに5,000円の割引が受けられ、資料請求後に生前予約を行った場合は7,000円に割引が増額されます。さらに葬儀後にアンケートに答える形でキャッシュバックの申請が可能で、さらに 5,000円がキャッシュバックされます。

サービス名 心に残る家族葬
プラン 心に残る自宅葬 心に残る家族葬 心に残る家族葬+会食 心に残る家族葬+会食・生花増量
料金 395,000円 495,000円 595,000円 795,000円
割引後 353,000円 443,000円 523,000円 713,000円
参列者数  15~50名程度
対応エリア 全国
追加費用 不要

↓↓心に残る家族葬の資料請求はこちら↓↓

家族葬のグローバルケア

家族葬のグローバルケアは東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏を対象エリアとした葬儀社です。家族葬や直葬などの少人数のお葬式を分かりやすいパック料金で提供しています。また、宗教者の紹介サービスも行っており、こちらもお布施が定額で分かりやすい料金となっています。

グローバルケアの家族葬プランの特徴は、どのプランも通夜料理や精進落としなどの会食と返礼品がプランに含まれている点です。親族や一般参列者が来る葬儀に向いています。逆に、地域によって費用が大きく異る式場使用料や火葬費用はプランに含まれていません

グローバルケアは無料会員と有料会員の2種類の会員制度があり、それぞれ葬儀費用の割引などの特典を受ける事が可能です。有料会員は入会金1万円以外の費用はかからず、三親等以内の家族に永久継承することが可能です。無料会員よりも有料会員の方が割引率が高く、葬儀費用は最大20万円引きとなるほか、有料会員は葬儀が混み合って日数がかかった場合のドライアイスの追加費用が2回まで無料となるなど、有料会員に入会しておくメリットは非常に大きいです。

サービス名 家族葬のグローバルケア
プラン 家族葬スマート 家族葬10 家族葬20 家族葬30 家族葬40 家族葬50
料金 598,000円 766,000円 888,000円 1,388,000円 1,588,000円 1,988,000円
割引後 498,000円 666,000円 788,000円 1,188,000円 1,388,000円 1,788,000円
参列者数 ~10名程度 ~10名程度 10~20名程度 20~30名程度 30~40名程度 40~50名程度
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉
追加費用 式場使用料・火葬費用など

花葬儀の家族葬プラン

花葬儀は株式会社リベントが運営する花にこだわった葬儀サービスです。サービスエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉など首都圏近郊で、従来の仏式の白木祭壇ではなく、最近人気の高い花をふんだんに使った生花祭壇を使った葬儀を得意としています。

花葬儀の家族葬プランは価格ごとに4つのプランがあります。プランの料金は基本料金で、追加として会食や返礼品などの飲食費用と斎場利用料金などを加えたものが葬儀総額となります。

シンプル・プラン以外は参列者が来ることを想定した内容となっており、豪華な花祭壇はもちろん納棺の儀のグレードもアップします。通常の葬儀と比べて非常に安価にもかかわらず、豪華な花祭壇による華やかで思い出に残る葬儀が可能なことが特徴です。

また、入会金1万円のファミリークラブに入会すると、葬儀費用の割引(家族葬は4~5万円)を二親等までの親族に適用できるほか、四十九日法要時にオリジナル花ギフト(5,000円相当)が届けられます。ファミリークラブは年会費無料なので入会金以外は費用がかからず、さらに会員資格は葬儀後に二親等以内の親族へ引き継ぐことも可能なので、花葬儀の利用を考えている人にとっては入会するメリットが大きいでしょう。

サービス名 花葬儀
プラン 家族葬シンプル 家族葬60 家族葬70 家族葬90
料金 430,000円 650,000円 750,000円 950,000円
割引後 390,000円 600,000円 700,000円 900,000円
参列者数  10名程度 50名程度
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉
追加費用 斎場利用料など

まとめ

家族のみで過ごす家族葬か、参列者を呼ぶ家族葬か

まずは家族のみで過ごす家族葬か、それとも参列者を呼ぶ家族葬かを考える必要があります。家族のみの場合は、祭壇や棺の豪華さよりも家族だけで静かに過ごす時間の方が重要です。なので、質素なプランでも良いので低価格帯のプランが充実している葬儀社を選んだ方が良いでしょう。

逆に、親族やその他親しい間柄の人を葬儀に呼ぶときは、祭壇や装飾にも多少気を使う必要があります。そのため、多少価格が高めでもオプションや内容が充実したプランを持っている葬儀社を選ぶべきです。

地域の葬儀社の見積もりを一括請求して比較する

今回比較したのは比較的広域エリアで明朗な価格の家族葬プランを提供している葬儀社ですが、地域の葬儀社も最近は明朗会計の家族葬というのは主流と言っていい勢いです。地域の葬儀社は何より地域での施行実績とノウハウがあるため、全国一律の定額葬儀サービスと合わせて、こうした地域の葬儀社の見積もりとも比較することも重要です。

葬儀レビでは無料で最大5社まで一括で見積もり請求が可能なため、地元地域の葬儀の相場や一番安い葬儀社などがすぐに分かります。また、葬儀レビを通して葬儀を行った人には最大2万円の弔慰金を受け取ることができます。



Pocket

http://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2016/01/kazokusou-hiyou-1024x576.jpghttp://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2016/01/kazokusou-hiyou-150x150.jpgおさるお葬式の種類を知りたい
家族葬の費用面のメリット、デメリット 費用を抑えた葬儀が人気 家族葬とは一般的に参列者を呼ばずに家族・親族、親しい友人など、ごく少数の身内のみで行う葬儀のことを指します。業界で家族葬という言葉を厳密に定義しているわけではないため、中には参列者を呼ぶ一般的な葬儀を家族葬とも呼んでいます。 家族葬を希望する人が近年、急速に増加しています。家族に迷惑をかけたくないので葬儀にお金をかけないで欲しいという故人の希望や、最後の時間を家族だけで静かに過ごしたいという遺族の希望などが背景にあります。 家族葬で安くなる費用と注意点 家族葬は身内だけで行う葬儀なので、参列者数が少ないです。そのため、会食や返礼品などの飲食接待費用がほとんどかかりません。また、身内だけなので、豪華な祭壇や供花なども必要なく、葬儀全体を質素にすることで葬儀費用も低く抑えることが可能です。 しかし、家族葬にも気をつけなければならないことがあります。参列者数が少ないため、香典も当然少なくなります。そのため、葬儀により一層の注意をしなければ、費用が浮くどころか逆に負担が増えてしまうことにもなりかねないのです。 家族葬の相場・平均費用 一口に家族葬と言っても、家族のみで行う10人前後の小規模な葬儀や、親族も参列する20人前後の葬儀、故人と親しい人が50人以上参列する一般葬と呼べる規模の葬儀まで、葬儀の参列人数にはばらつきがあります。葬儀の規模に応じて、当然葬儀費用も変わってきています。一般に家族葬と呼ばれるのは10名〜50名の葬儀が多く、料金プランもそれらの人数ごとに設定されているものも多いです。 家族葬の費用の相場は葬儀の規模によりますが、概ね40万円〜100万円程度といえるでしょう。葬儀費用の全国平均が122.2万円ということを考えると、家族葬を選択することは確かに葬儀費用の節約にかなっています。家族葬で費用を抑えるポイントは参列者数を少なくすることです。葬儀に参列する人は家族や親族、故人と親しい間柄の人に絞るようにすることが重要です。 後悔しない家族葬のための葬儀社選び 葬儀は一度切りで、非常に高額な費用がかかります。家族葬は現在葬儀の主流といえるほど増えてきており、家族葬と言われたが蓋を開けてみれば普通の葬儀と何も変わらなかったということも少なくありません。後悔することのない忘れられない葬儀にするためにも、葬儀社を選ぶ際には以下の点を押さえることが重要です。 葬儀の規模 (人数、参列者の有無) 葬儀費用の明確さ (セットプラン、追加費用の有無) 最近では葬儀費用をわかりやすく明確にしたプランが増えてきており、さらには斎場利用料や火葬費用までを含んだ追加費用一切不要の葬儀サービスも増えてきています。地域の葬儀社だけでなく、こうした明朗会計の葬儀サービスの金額や特徴をしっかりと比較して、自分に合った葬儀社を選択することが何よりも重要と言えるでしょう。 優良葬儀社の家族葬プランの費用比較 小さなお葬式の家族葬 小さなお葬式は定額・追加費用一切不要の「小さな家族葬」というサービスを行っています。小さなお葬式が定額葬儀サービスを開始してから、同じビジネスモデルで様々な定額葬儀サービスが登場していますが、小さなお葬式は依然として業界トップクラスです。葬儀 小さなお葬式の特徴はやはり追加費用なしで葬儀ができるという点です。他社では火葬費用や斎場利用料などが含まれていないところも多く、実際に葬儀を行う場合は表示された金額よりも大きくなってしまいますが、小さなお葬式は葬儀に必要な費用が全て入った価格のため、非常に安心できます。 葬儀エリアは日本全国で、また提携斎場数日本一なので、他社よりも大きな斎場が利用可能です。小さな家族葬の参列者数は30名まで対応可能で、価格は税込493,000円です。また、事前の資料請求で5,000円の割引、500円で入れる早割では最大5万円の割引が受けられます。 サービス名 小さなお葬式 プラン 小さな家族葬 料金 493,000円 割引後 438,000円 参列者数 30名 対応エリア 全国 追加費用 不要 シンプルなお葬式の家族葬 シンプルなお葬式も定額・追加費用なしの「シンプルな家族葬」というサービスを行っています。運営元は葬儀社情報サイト「葬儀レビ」を運営する株式会社みんれびです。 シンプルな家族葬も小さなお葬式と同じく、定額・追加費用不要・全国対応というサービスです。シンプルなお葬式はさらに家族葬プランを、白木位牌や枕飾り、焼香などもない仏式にこだわらない無宗教の398,000円のプランと、仏式の418,000円のプラン、祭壇をワンランクアップさせた438,000円のプランがあります。シンプルなお葬式も事前の資料請求で5,000円の割引を受けることができます。 サービス名 シンプルなお葬式 プラン 家族葬39.8万円プラン 家族葬41.8万円プラン 家族葬43.8万円プラン 料金 398,000円 418,000円 438,000円 割引後 393,000円 413,000円 433,000円 参列者数 10~20名 30名 対応エリア 全国 追加費用 不要 家族葬のファミーユ 家族葬のファミーユは株式会社エポック・ジャパンが運営する葬儀社です。直営ホールのほか、フランチャイズ展開も行っており、青森、山梨、福井、島根、鳥取、香川、徳島、愛媛、高知、佐賀、長崎、大分を除く35都道府県に対応しています。 ファミーユの特徴は家族葬に特化したきめ細かいプランで、地域にもよりますが最大6つのプランから選択することが可能なので、質素な家族葬だけでなく、思い出に残る華やかな家族葬までカバーしています。 また、ファミーユのパックプランは全国一律ではなく、地域の葬儀慣習や斎場・火葬場事情に沿ったプランになっているのも特徴の一つです。例えば宮崎県では出棺の前の「出立の膳」という慣習がありますがファミーユのプランには出立の膳の費用が含まれています。一方で、地域によっては斎場や火葬場費用がプランに含まれていないものもあるので、追加費用がいくらかかるかにも注意が必要です。いずれにせよ、明朗会計は徹底しており、葬儀費用も適正価格と言えるでしょう。 ファミーユは入会金や年会費など一切の費用がかからない無料会員になることで、会員価格で葬儀を行うことが可能です。さらに二親等の親族まで会員割引を適用可能となるため、 サービス名 家族葬のファミーユ プラン ファミーユ40 ファミーユ 60 ファミーユ80 ファミーユ100 ファミーユ120 ファミーユ150 料金 440,000円 660,000円 880,000円 1,100,000円 1,320,000円 1,650,000円 会員価格 400,000円 600,000円 800,000円 1,000,000円 1,2oo,000円 1,500,000円 参列者数 地域ごとに異なる(10~50名) 対応エリア 一部地域を除く35都道府県 追加費用 地域ごとに異なる 家族葬のダビディア 家族葬のダビディアは東京・千葉・埼玉・神奈川の首都圏を中心に家族葬を専門に行っている葬儀社です。通常の家族葬の他、一日葬にあたるワンデー家族葬や、直葬にあたるメモリアル火葬などのプランがあります。 家族葬のプランは基本料金398,000円で設定されています。棺や仏具、スタッフなどは基本料金に含まれています。別途必要になる費用として、搬送費用や、火葬費用、霊柩車や式場使用料などは基本料金には含まれておらず、これらは3~10万円ほどが必要です。また、豊富なオプションも用意されています。 自宅で葬儀を行う場合は基本料金から20,000円引きとなったり、逆に音楽の生演奏を追加できたりと、家族葬を様々な方面にオーダーメイドできることが最大の特徴と言えるでしょう。最初は家族葬を考えていたが、途中から参列者にも来て欲しいといった場合でもダビディアは対応可能で、100名以上の大規模な葬儀にも対応可能です。 また、ドライアイスや遺体の安置料は全日数分無料なのは他社にはない大きな特徴です。また、おくりびとによるメイク納棺、古式湯灌のサービスも無料で行っています。 ダビディアには無料の会員制度があり、様々な割引特典の中に葬儀費用の1万円割引があるのでお得です。 サービス名 家族葬のダビディア プラン 家族葬 料金 398,000円 割引後 388,000円 参列者数 斎場ごと 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉 追加費用 搬送費用、式場使用料、火葬、霊柩車など 心に残る家族葬 心に残る家族葬は株式会社メルメクスが運営する「5~50名までの参列者に特化した」定額葬儀サービスです。小さなお葬式やシンプルな火葬式と同じく、全国の提携葬儀社が葬儀を施行します。 家族葬は自宅で行う「心に残る自宅葬」の他、3つの家族葬プランがあります。どのプランも基本的には追加費用が一切不要です。会食が必要な場合や、参列者が多く、生花祭壇をグレードアップさせるときなど、低価格帯にとどめつつ、様々な状況の家族葬に一律の明朗会計プランを用意しています。 また、入会金1000円の会員で各プラン2万円〜7万円の割引価格で葬儀を行うことが可能です。年会費は無料なので1,000円のみで永続するお得な割引サービスで、会員の家族はもちろん、友人・知人など、会員からの申込であれば誰でも割引が可能です。 事前の資料請求ではさらに5,000円の割引が受けられ、資料請求後に生前予約を行った場合は7,000円に割引が増額されます。さらに葬儀後にアンケートに答える形でキャッシュバックの申請が可能で、さらに 5,000円がキャッシュバックされます。 サービス名 心に残る家族葬 プラン 心に残る自宅葬 心に残る家族葬 心に残る家族葬+会食 心に残る家族葬+会食・生花増量 料金 395,000円 495,000円 595,000円 795,000円 割引後 353,000円 443,000円 523,000円 713,000円 参列者数  15~50名程度 対応エリア 全国 追加費用 不要 家族葬のグローバルケア 家族葬のグローバルケアは東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏を対象エリアとした葬儀社です。家族葬や直葬などの少人数のお葬式を分かりやすいパック料金で提供しています。また、宗教者の紹介サービスも行っており、こちらもお布施が定額で分かりやすい料金となっています。 グローバルケアの家族葬プランの特徴は、どのプランも通夜料理や精進落としなどの会食と返礼品がプランに含まれている点です。親族や一般参列者が来る葬儀に向いています。逆に、地域によって費用が大きく異る式場使用料や火葬費用はプランに含まれていません。 グローバルケアは無料会員と有料会員の2種類の会員制度があり、それぞれ葬儀費用の割引などの特典を受ける事が可能です。有料会員は入会金1万円以外の費用はかからず、三親等以内の家族に永久継承することが可能です。無料会員よりも有料会員の方が割引率が高く、葬儀費用は最大20万円引きとなるほか、有料会員は葬儀が混み合って日数がかかった場合のドライアイスの追加費用が2回まで無料となるなど、有料会員に入会しておくメリットは非常に大きいです。 サービス名 家族葬のグローバルケア プラン 家族葬スマート 家族葬10 家族葬20 家族葬30 家族葬40 家族葬50 料金 598,000円 766,000円 888,000円 1,388,000円 1,588,000円 1,988,000円 割引後 498,000円 666,000円 788,000円 1,188,000円 1,388,000円 1,788,000円 参列者数 ~10名程度 ~10名程度 10~20名程度 20~30名程度 30~40名程度 40~50名程度 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉 追加費用 式場使用料・火葬費用など 花葬儀の家族葬プラン 花葬儀は株式会社リベントが運営する花にこだわった葬儀サービスです。サービスエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉など首都圏近郊で、従来の仏式の白木祭壇ではなく、最近人気の高い花をふんだんに使った生花祭壇を使った葬儀を得意としています。 花葬儀の家族葬プランは価格ごとに4つのプランがあります。プランの料金は基本料金で、追加として会食や返礼品などの飲食費用と斎場利用料金などを加えたものが葬儀総額となります。 シンプル・プラン以外は参列者が来ることを想定した内容となっており、豪華な花祭壇はもちろん納棺の儀や棺のグレードもアップします。通常の葬儀と比べて非常に安価にもかかわらず、豪華な花祭壇による華やかで思い出に残る葬儀が可能なことが特徴です。 また、入会金1万円のファミリークラブに入会すると、葬儀費用の割引(家族葬は4~5万円)を二親等までの親族に適用できるほか、四十九日法要時にオリジナル花ギフト(5,000円相当)が届けられます。ファミリークラブは年会費無料なので入会金以外は費用がかからず、さらに会員資格は葬儀後に二親等以内の親族へ引き継ぐことも可能なので、花葬儀の利用を考えている人にとっては入会するメリットが大きいでしょう。 サービス名 花葬儀 プラン 家族葬シンプル 家族葬60 家族葬70 家族葬90 料金 430,000円 650,000円 750,000円 950,000円 割引後 390,000円 600,000円 700,000円 900,000円 参列者数  10名程度 50名程度 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉 追加費用 斎場利用料など まとめ 家族のみで過ごす家族葬か、参列者を呼ぶ家族葬か まずは家族のみで過ごす家族葬か、それとも参列者を呼ぶ家族葬かを考える必要があります。家族のみの場合は、祭壇や棺の豪華さよりも家族だけで静かに過ごす時間の方が重要です。なので、質素なプランでも良いので低価格帯のプランが充実している葬儀社を選んだ方が良いでしょう。 逆に、親族やその他親しい間柄の人を葬儀に呼ぶときは、祭壇や装飾にも多少気を使う必要があります。そのため、多少価格が高めでもオプションや内容が充実したプランを持っている葬儀社を選ぶべきです。 地域の葬儀社の見積もりを一括請求して比較する 今回比較したのは比較的広域エリアで明朗な価格の家族葬プランを提供している葬儀社ですが、地域の葬儀社も最近は明朗会計の家族葬というのは主流と言っていい勢いです。地域の葬儀社は何より地域での施行実績とノウハウがあるため、全国一律の定額葬儀サービスと合わせて、こうした地域の葬儀社の見積もりとも比較することも重要です。 葬儀レビでは無料で最大5社まで一括で見積もり請求が可能なため、地元地域の葬儀の相場や一番安い葬儀社などがすぐに分かります。また、葬儀レビを通して葬儀を行った人には最大2万円の弔慰金を受け取ることができます。