死は突然やってくるもので、当然ですが訃報も突然受け取るものです。そして、親しい間柄の人であればお通夜の前に取り急ぎ弔問することがあります。ここで悩むのは、「自分は行くべきか、行かないべきか」でしょう。「通夜にだけ参列した
Continue Reading