訃報を受けたものの、「海外にいてすぐには帰れない」「結婚式と被っている」など様々な事情から弔問が出来ないことが多々あります。 通夜にも告別式にも出られない場合のやり方として「弔電」があり、また弔電に加えて葬儀が終わった後
Continue Reading