Pocket

平塚市で葬儀を経済的に行うには

平塚市には平塚市が運営している火葬場「平塚市聖苑」があります。
こちらは亡くなった方の住所が平塚市内であれば、無料で利用することができます。
よって、平塚市で葬儀を安く行うには火葬場として、平塚市聖苑を利用することをお勧めします。

しかし、平塚市にはお通夜や告別式を行う市営斎場はありません。
よって、各々のご都合(予算やアクセス)にあわせて民間の斎場を利用するか、隣の市の茅ヶ崎市が運営する茅ヶ崎市斎場を利用することになります。
茅ヶ崎市斎場は市営と言えども、市外利用になるとそれなりの金額になるので注意が必要です。

項目 内容
名称 平塚市聖苑
所在地 神奈川県平塚市田村九丁目25番2号
電話番号 0463-55-1075

「安さ」と「信頼」から選ぶ平塚市の葬儀社

最近では家族葬などの少人数の葬儀を追加料金なしの定額で提供する葬儀社が増えてきました。
それに伴い、低価格かつ明朗会計を売りにする葬儀社も増えてきています。

日本で一番選ばれている定額葬儀サービス「小さなお葬式」

小さなお葬式

クリックで公式HPにアクセスします

明朗会計と追加料金なしのネット葬儀業者

小さなお葬式は葬儀施行数年間14,000件のネットの葬儀紹介業者です。特徴は「追加料金一切不要」を謳った定額のセットプランで、非常に安価に葬儀を行うことができます。
仮に不当な請求があった場合には返金保証もつけています。

公式ホームページには次のように書かれています。

お葬式では、最初の提示金額から見積りの段階で追加料金が加算され、最終的に莫大な費用になるのが一般的です。小さなお葬式では必要な物品・サービスを最初から全て含めた状態で金額を提示しておりますので、追加料金は一切かかりません。
また、見積りが出た段階でも、適正な葬儀であるかを、専門の審査部門のスタッフが見積書の内容を細かくチェックし、本来必要のないような追加オプションがないか金額が適切か厳正な確認を致します。
万一、お見積りに高額な請求や不要なサービスが発覚した場合は、「安心の返金保証」の通りご返金させて頂きます。

2017年3月末時点で累計10万件のお葬式依頼数があり、実績も伴っており、安心できる葬儀社ではないでしょうか。
実際、筆者の知り合いの親が亡くなったときに、小さなお葬式を利用し、「これは必要ないのではないでしょうか?」とプランを立てる際に予算を減らす提案をしてこられたことに驚いていました。

料金プラン

追加料金一切不要の定額プランは無料資料請求をすることで、小さな火葬式は188,000円、小さな一日葬は338,000円、小さな家族葬は488,000円、100名までのお葬式は638,000円です。(すべて税込価格)

割引きプランも非常にシンプルで、500円で最大66,000円割引が可能な早割もあり、また資料請求をした場合は無条件に5000円割引を受けることができます。

平塚市のその他の葬儀社

項目 内容
名称 山口葬儀社
所在地 神奈川県平塚市平塚2丁目31-4
電話番号 0463-31-2671

山口葬儀社は平塚市を中心に神奈川県全域で葬儀を提供してきた企業です。葬儀プランは45万円からの睡蓮と65万円からの菊を中心に提供しています。他にも葬儀の規模や予算に応じて最適なプランを提案することもできます。湯灌サービスもあって84,000円から利用できます。あらゆる葬儀に対応できる山口葬儀店専用斎場「やまゆりホール」も運営しています。

項目 内容
名称 湘和会堂平塚
所在地 神奈川県平塚市八千代町7-18
電話番号 0463-22-0257

湘和会堂平塚は昭和44年設立の平安レイサービス株式会社が運営する斎場です。7つのホールを備え宗教・宗派を問わず大小さまざまな葬儀に対応できます。365日24時間対応の事前相談は電話・メールだけでなく匿名でも受け付けているので気軽に相談することができます。ホームページでは施設の見学会・試食会の予定日をカレンダー付きで公開し予約の受け付けもしています。

項目 内容
名称 有限会社 ハシモト葬祭
所在地 神奈川県平塚市花水台12-11
電話番号 0463-34-8811

ハシモト葬祭は創業昭和53年の平塚市の葬儀社です。対応地域は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県、山梨県の各県です。火葬式、一日葬、家族葬、一般葬、大型葬、宗教別の6つの基本プランを用意しています。宗教別基本プランは神式・神葬祭、キリスト教式、創価学会・友人葬、無宗教・自由葬の5つを提供しています。見積もりはホームページからも依頼可能です。

項目 内容
名称 井上葬儀店
所在地 神奈川県平塚市夕陽ケ丘58-5
電話番号 0463-21-3037

納得のいく葬儀を行うためには見積もり比較が大切です

上記の一覧のように、平塚市には複数の葬儀社があります。
納得のいく葬儀社を探すためには、見積もりを取って比較することが大切です。

葬儀社の見積もりを一括請求する

地域の葬儀社を一社一社訪れて、見積もりをもらうのは大変な労力です。そこで一括資料請求サービスを行うのがオススメです。

日本最大級の葬儀情報サイト「葬儀レビ」が行っている一括資料請求では、厳しい基準をクリアした全国400社の葬儀社から最大10社の葬儀社の見積もりを一括請求することができ、内容を比較検討することが可能となっています。

利用料は完全無料24時間スタッフが待機しているのでお急ぎの場合でも安心です。

  • 登録されているのは全国の優良葬儀社400社
  • 希望葬儀エリアから最大10社の見積もりを一括請求
  • 利用料は完全無料
  • 24時間365日スタッフが待機しているのでお急ぎのときでも安心
  • 葬儀社への手配も可能

入力はすぐに終わるので、まずは自分が希望するエリアでどのような葬儀があるか、葬儀費用はどのくらいかかるのか、ということを事前に調べてみましょう!



平塚市の葬儀場・斎場

項目 内容
名称 (株)サン・ライフ 平塚斎場
所在地 神奈川県平塚市田村9丁目12-8
電話番号 0120-413-140

平塚市田村にある斎場です。大小5つの式場を完備し、家族葬から最大300名までの大規模な社葬まで宗派を問わずあらゆる葬儀に対応することができます。また、自宅リビングを思わせるような「お別れ式会場」も設けています。また、JR平塚駅から送迎バスが運行しており、250台収容可能な専用駐車場も完備しているので、電車・車ともにアクセスも非常に便利です。

平塚市について

平塚市は神奈川県のほぼ真ん中に位置する人口約26万人、面積67.82㎢の湘南の海と豊かな自然の恵みにはぐくまれた都市です。
平塚は江戸時代には東海道五十三次の7番目の宿場町「平塚宿」として既に栄えていました。
明治時代に入り鉄道が開通すると軍需工場、民間企業の進出が盛んになり、1932年(昭和7年)には市制施行に至り、神奈川県で四番目の市「平塚市」として生まれ変わりました。
第2次世界大戦では軍需工場が多数あったことから、平塚大空襲により街は焦土と化してしまいました。
しかし、戦後は力強く復興し大きく成長・拡大していきました。
昭和29年に中郡旭村を、昭和31年には中郡大野町、神田村、城島村、金田村、土沢村、岡崎村を、そして昭和32年に中郡金目村と、次々に周辺町村を編入合併することにより人口と市域を拡大していき、現在の平塚市へと至っています。
その過程で都市機能の充実、社旗基盤の整備、市街地の近代化などが進み、現在の平塚市は戦後から続く工業都市としてだけでなく商業都市としても湘南地域の中心的な役割を担っています。
2001年(平成13年)4月1日は特例市にも指定されています。
ちなみに、平塚市で毎年7月に開催される関東三大七夕祭りの一つ「湘南ひらつか七夕まつり」は終戦後に開催された復興祭りがその始まりだと言われています。

他の神奈川県内の市区町村の葬儀情報

Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2017/05/hiratsuka-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2017/05/hiratsuka-150x150.jpgsougi神奈川県で葬儀を安く行う
平塚市で葬儀を経済的に行うには 平塚市には平塚市が運営している火葬場「平塚市聖苑」があります。 こちらは亡くなった方の住所が平塚市内であれば、無料で利用することができます。 よって、平塚市で葬儀を安く行うには火葬場として、平塚市聖苑を利用することをお勧めします。 しかし、平塚市にはお通夜や告別式を行う市営斎場はありません。 よって、各々のご都合(予算やアクセス)にあわせて民間の斎場を利用するか、隣の市の茅ヶ崎市が運営する茅ヶ崎市斎場を利用することになります。 茅ヶ崎市斎場は市営と言えども、市外利用になるとそれなりの金額になるので注意が必要です。 項目 内容 名称 平塚市聖苑 所在地 神奈川県平塚市田村九丁目25番2号 電話番号 0463-55-1075 「安さ」と「信頼」から選ぶ平塚市の葬儀社 最近では家族葬などの少人数の葬儀を追加料金なしの定額で提供する葬儀社が増えてきました。 それに伴い、低価格かつ明朗会計を売りにする葬儀社も増えてきています。 日本で一番選ばれている定額葬儀サービス「小さなお葬式」 明朗会計と追加料金なしのネット葬儀業者 小さなお葬式は葬儀施行数年間14,000件のネットの葬儀紹介業者です。特徴は「追加料金一切不要」を謳った定額のセットプランで、非常に安価に葬儀を行うことができます。 仮に不当な請求があった場合には返金保証もつけています。 公式ホームページには次のように書かれています。 お葬式では、最初の提示金額から見積りの段階で追加料金が加算され、最終的に莫大な費用になるのが一般的です。小さなお葬式では必要な物品・サービスを最初から全て含めた状態で金額を提示しておりますので、追加料金は一切かかりません。 また、見積りが出た段階でも、適正な葬儀であるかを、専門の審査部門のスタッフが見積書の内容を細かくチェックし、本来必要のないような追加オプションがないか金額が適切か厳正な確認を致します。 万一、お見積りに高額な請求や不要なサービスが発覚した場合は、「安心の返金保証」の通りご返金させて頂きます。 2017年3月末時点で累計10万件のお葬式依頼数があり、実績も伴っており、安心できる葬儀社ではないでしょうか。 実際、筆者の知り合いの親が亡くなったときに、小さなお葬式を利用し、「これは必要ないのではないでしょうか?」とプランを立てる際に予算を減らす提案をしてこられたことに驚いていました。 料金プラン 平塚市のその他の葬儀社 項目 内容 名称 山口葬儀社 所在地 神奈川県平塚市平塚2丁目31-4 電話番号 0463-31-2671 山口葬儀社は平塚市を中心に神奈川県全域で葬儀を提供してきた企業です。葬儀プランは45万円からの睡蓮と65万円からの菊を中心に提供しています。他にも葬儀の規模や予算に応じて最適なプランを提案することもできます。湯灌サービスもあって84,000円から利用できます。あらゆる葬儀に対応できる山口葬儀店専用斎場「やまゆりホール」も運営しています。 項目 内容 名称 湘和会堂平塚 所在地 神奈川県平塚市八千代町7-18 電話番号 0463-22-0257 湘和会堂平塚は昭和44年設立の平安レイサービス株式会社が運営する斎場です。7つのホールを備え宗教・宗派を問わず大小さまざまな葬儀に対応できます。365日24時間対応の事前相談は電話・メールだけでなく匿名でも受け付けているので気軽に相談することができます。ホームページでは施設の見学会・試食会の予定日をカレンダー付きで公開し予約の受け付けもしています。 項目 内容 名称 有限会社 ハシモト葬祭 所在地 神奈川県平塚市花水台12-11 電話番号 0463-34-8811 ハシモト葬祭は創業昭和53年の平塚市の葬儀社です。対応地域は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県、山梨県の各県です。火葬式、一日葬、家族葬、一般葬、大型葬、宗教別の6つの基本プランを用意しています。宗教別基本プランは神式・神葬祭、キリスト教式、創価学会・友人葬、無宗教・自由葬の5つを提供しています。見積もりはホームページからも依頼可能です。 項目 内容 名称 井上葬儀店 所在地 神奈川県平塚市夕陽ケ丘58-5 電話番号 0463-21-3037 納得のいく葬儀を行うためには見積もり比較が大切です 上記の一覧のように、平塚市には複数の葬儀社があります。 納得のいく葬儀社を探すためには、見積もりを取って比較することが大切です。 葬儀社の見積もりを一括請求する 地域の葬儀社を一社一社訪れて、見積もりをもらうのは大変な労力です。そこで一括資料請求サービスを行うのがオススメです。 日本最大級の葬儀情報サイト「葬儀レビ」が行っている一括資料請求では、厳しい基準をクリアした全国400社の葬儀社から最大10社の葬儀社の見積もりを一括請求することができ、内容を比較検討することが可能となっています。 利用料は完全無料で24時間スタッフが待機しているのでお急ぎの場合でも安心です。 登録されているのは全国の優良葬儀社400社 希望葬儀エリアから最大10社の見積もりを一括請求 利用料は完全無料 24時間365日スタッフが待機しているのでお急ぎのときでも安心 葬儀社への手配も可能 入力はすぐに終わるので、まずは自分が希望するエリアでどのような葬儀があるか、葬儀費用はどのくらいかかるのか、ということを事前に調べてみましょう! 平塚市の葬儀場・斎場 項目 内容 名称 (株)サン・ライフ 平塚斎場 所在地 神奈川県平塚市田村9丁目12-8 電話番号 0120-413-140 平塚市田村にある斎場です。大小5つの式場を完備し、家族葬から最大300名までの大規模な社葬まで宗派を問わずあらゆる葬儀に対応することができます。また、自宅リビングを思わせるような「お別れ式会場」も設けています。また、JR平塚駅から送迎バスが運行しており、250台収容可能な専用駐車場も完備しているので、電車・車ともにアクセスも非常に便利です。 平塚市について 平塚市は神奈川県のほぼ真ん中に位置する人口約26万人、面積67.82㎢の湘南の海と豊かな自然の恵みにはぐくまれた都市です。 平塚は江戸時代には東海道五十三次の7番目の宿場町「平塚宿」として既に栄えていました。 明治時代に入り鉄道が開通すると軍需工場、民間企業の進出が盛んになり、1932年(昭和7年)には市制施行に至り、神奈川県で四番目の市「平塚市」として生まれ変わりました。 第2次世界大戦では軍需工場が多数あったことから、平塚大空襲により街は焦土と化してしまいました。 しかし、戦後は力強く復興し大きく成長・拡大していきました。 昭和29年に中郡旭村を、昭和31年には中郡大野町、神田村、城島村、金田村、土沢村、岡崎村を、そして昭和32年に中郡金目村と、次々に周辺町村を編入合併することにより人口と市域を拡大していき、現在の平塚市へと至っています。 その過程で都市機能の充実、社旗基盤の整備、市街地の近代化などが進み、現在の平塚市は戦後から続く工業都市としてだけでなく商業都市としても湘南地域の中心的な役割を担っています。 2001年(平成13年)4月1日は特例市にも指定されています。 ちなみに、平塚市で毎年7月に開催される関東三大七夕祭りの一つ「湘南ひらつか七夕まつり」は終戦後に開催された復興祭りがその始まりだと言われています。