Pocket

茨木市で葬儀を経済的に行うには

茨木市で葬儀を安く行うためには、茨木市の葬祭施設である「茨木市立斎場」を利用することをお勧めします。
「茨木市立斎場」は火葬場と告別式を行うことができる葬祭場を備えた総合斎場になります。
総合斎場であることから、式場から火葬場までの霊きゅう車、参列者の移動のためのバスやタクシーの手配が不要になります。
また、公営の斎場であるため、民営の斎場に比べて格安な料金設定になっています。

項目 内容
名称 茨木市立斎場
所在地 大阪府茨木市大住町18-16
電話番号 072-626-2007

「安さ」と「信頼」から選ぶ茨木市の葬儀社

最近では家族葬などの少人数の葬儀を追加料金なしの定額で提供する葬儀社が増えてきました。
それに伴い、低価格かつ明朗会計を売りにする葬儀社も増えてきています。

日本で一番選ばれている定額葬儀サービス「小さなお葬式」

小さなお葬式

クリックで公式HPにアクセスします

明朗会計と追加料金なしのネット葬儀業者

小さなお葬式は葬儀施行数年間14,000件のネットの葬儀紹介業者です。特徴は「追加料金一切不要」を謳った定額のセットプランで、非常に安価に葬儀を行うことができます。
仮に不当な請求があった場合には返金保証もつけています。

公式ホームページには次のように書かれています。

お葬式では、最初の提示金額から見積りの段階で追加料金が加算され、最終的に莫大な費用になるのが一般的です。小さなお葬式では必要な物品・サービスを最初から全て含めた状態で金額を提示しておりますので、追加料金は一切かかりません。
また、見積りが出た段階でも、適正な葬儀であるかを、専門の審査部門のスタッフが見積書の内容を細かくチェックし、本来必要のないような追加オプションがないか金額が適切か厳正な確認を致します。
万一、お見積りに高額な請求や不要なサービスが発覚した場合は、「安心の返金保証」の通りご返金させて頂きます。

2017年3月末時点で累計10万件のお葬式依頼数があり、実績も伴っており、安心できる葬儀社ではないでしょうか。
実際、筆者の知り合いの親が亡くなったときに、小さなお葬式を利用し、「これは必要ないのではないでしょうか?」とプランを立てる際に予算を減らす提案をしてこられたことに驚いていました。

料金プラン

追加料金一切不要の定額プランは無料資料請求をすることで、小さな火葬式は188,000円、小さな一日葬は338,000円、小さな家族葬は488,000円、100名までのお葬式は638,000円です。(すべて税込価格)

割引きプランも非常にシンプルで、500円で最大66,000円割引が可能な早割もあり、また資料請求をした場合は無条件に5000円割引を受けることができます。

茨木市のその他の葬儀社

項目 内容
名称 セレモール花廣
所在地 大阪府茨木市東宮町7-6
電話番号 072-625-1144

セレモール花廣は茨木市にある1897年(明治30年)創業の葬儀社です。社名でもある自社ホール・セレモール花廣は阪急京都線茨木市駅から徒歩10分、車でのアクセスも茨木インターチェンジから5分と好立地です。100台収容可能な駐車場も完備で大規模葬にも十分対応できます。密葬・家族葬から社葬・団体葬まであらゆる葬儀に歴史と実績に基づいたサービスを提供しています。

納得のいく葬儀を行うためには見積もり比較が大切です

上記の一覧のように、茨木市には多数の葬儀社があります。
納得のいく葬儀社を探すためには、見積もりを取って比較することが大切です。

葬儀社の見積もりを一括請求する

地域の葬儀社を一社一社訪れて、見積もりをもらうのは大変な労力です。そこで一括資料請求サービスを行うのがオススメです。

日本最大級の葬儀情報サイト「葬儀レビ」が行っている一括資料請求では、厳しい基準をクリアした全国400社の葬儀社から最大10社の葬儀社の見積もりを一括請求することができ、内容を比較検討することが可能となっています。

利用料は完全無料24時間スタッフが待機しているのでお急ぎの場合でも安心です。

  • 登録されているのは全国の優良葬儀社400社
  • 希望葬儀エリアから最大10社の見積もりを一括請求
  • 利用料は完全無料
  • 24時間365日スタッフが待機しているのでお急ぎのときでも安心
  • 葬儀社への手配も可能

入力はすぐに終わるので、まずは自分が希望するエリアでどのような葬儀があるか、葬儀費用はどのくらいかかるのか、ということを事前に調べてみましょう!



茨木市の市営葬儀

茨木市の市営葬儀を利用できるのは死亡者または喪主が茨木市に住民登録されている方になります。

茨木市の市営葬儀の料金

81,880円(全部使用)

全部使用に含まれるもの

  • 納棺(棺箱含む)、葬祭用品等の供与
  • 祭壇、幕類(家紋なし)の飾付け
  • 葬儀(通夜・告別式)進行 (通夜式は斎場式のみ)
  • 霊柩車の配車
  • 火葬の執行

含まれないもの

  • 遺影写真、ドライアイス
  • 式場使用料
  • 宗教者(寺院等)へのお礼、マイクロバス、供花、供物、盛花、式進行補助員、料理、会葬者へのお礼の品など
  • 病院から自宅等までのご遺体搬送料
  • その他

市営葬儀は最安で葬儀を行えるのか?

市営葬儀はなんとなく「安い」というイメージがありますが、必ずしも最安になるわけではありません。
プランによっては思ったより費用がかかる場合もあります。
市営葬儀をうまく利用することで、費用を抑えることは可能なので、葬儀を行う自治体の制度をよく理解し、取扱店からしっかりと見積もりをもらうことが重要です。

最近では会葬者を呼ばずに身内だけで葬儀を行う人が増えてきています。
中でも火葬のみを行う直葬、通夜を省略した一日葬、通夜・告別式をコンパクトに行う家族葬などの追加費用無しを謳ったサービスも急増しています。

もし、「葬儀は身内だけでいい」「葬儀にかかるお金をとにかく減らしたい」という人は上記で紹介した「小さなお葬式」などの定額葬儀サービスも検討した方が良いでしょう。

小さなお葬式

クリックで公式HPにアクセスします

茨木市について

茨木市は大阪府北部に位置する人口28万人、面積76.49㎢の都市です。
隣接する自治体は吹田市、高槻市、箕面市、摂津市、豊能郡豊能町、京都府亀岡市の6つです。
市名の由来は茨の木が多い土地でその茨を切って屋根を葺いたことから茨切となり、それがなまって茨木と呼ばれるようになったと言われています。
茨木市は旧石器時代、縄文時代、弥生時代の遺跡が多数発掘されている土地で日本有数の古墳地帯としても知られています。
平安時代から西国街道を中心に拓けてきて、室町時代には茨城城が築かれその城下町が地域の拠点として栄えました。
江戸期には参勤交代の宿泊地としてその名を知られる「椿の本陣」周辺が賑わいをみせ、現在の茨木市の基礎を形作っていきました。
明治に入ると町村制の施行により茨木町が誕生。そして戦後の1948年に茨木町・三島村・春日村・玉櫛村の1町3村が合併し市制を施行しました。
そして1954年に安威村・玉島村、1955年に福井村・石河村・清溪村・見山村、1956年に箕面市の一部であった豊川村東部、1957年に三宅村を合併し現在の茨木市のかたちとなっています。
戦後の茨木市は大阪市のベッドタウンとして急速に発展していきました。
大量の人口流入にともない企業や商業施設そして工場の進出も進み近代的な都市へと変貌を遂げていきました。
また、大学の進出も進み市内には藍野大学、追手門学院大学、梅花女子大学、大阪行岡医療大学、立命館大学など多数の大学がキャンパスを置き文教都市としての顔も持つようになっています。
2001年に特例市へ移行したのを合図としたかのように、21世紀に入ってからはJR茨木駅や阪急茨木駅周辺で大規模な再開発が相次ぎ高層マンションや商業施設が建設されるなど茨木の街は活性化しています。

他の大阪府内の市区町村の葬儀情報

Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2017/05/ibaraki-1024x576-1024x576-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2017/05/ibaraki-1024x576-1024x576-150x150.jpgsougi大阪府で葬儀を安く行う
茨木市で葬儀を経済的に行うには 茨木市で葬儀を安く行うためには、茨木市の葬祭施設である「茨木市立斎場」を利用することをお勧めします。 「茨木市立斎場」は火葬場と告別式を行うことができる葬祭場を備えた総合斎場になります。 総合斎場であることから、式場から火葬場までの霊きゅう車、参列者の移動のためのバスやタクシーの手配が不要になります。 また、公営の斎場であるため、民営の斎場に比べて格安な料金設定になっています。 項目 内容 名称 茨木市立斎場 所在地 大阪府茨木市大住町18-16 電話番号 072-626-2007 「安さ」と「信頼」から選ぶ茨木市の葬儀社 最近では家族葬などの少人数の葬儀を追加料金なしの定額で提供する葬儀社が増えてきました。 それに伴い、低価格かつ明朗会計を売りにする葬儀社も増えてきています。 日本で一番選ばれている定額葬儀サービス「小さなお葬式」 明朗会計と追加料金なしのネット葬儀業者 小さなお葬式は葬儀施行数年間14,000件のネットの葬儀紹介業者です。特徴は「追加料金一切不要」を謳った定額のセットプランで、非常に安価に葬儀を行うことができます。 仮に不当な請求があった場合には返金保証もつけています。 公式ホームページには次のように書かれています。 お葬式では、最初の提示金額から見積りの段階で追加料金が加算され、最終的に莫大な費用になるのが一般的です。小さなお葬式では必要な物品・サービスを最初から全て含めた状態で金額を提示しておりますので、追加料金は一切かかりません。 また、見積りが出た段階でも、適正な葬儀であるかを、専門の審査部門のスタッフが見積書の内容を細かくチェックし、本来必要のないような追加オプションがないか金額が適切か厳正な確認を致します。 万一、お見積りに高額な請求や不要なサービスが発覚した場合は、「安心の返金保証」の通りご返金させて頂きます。 2017年3月末時点で累計10万件のお葬式依頼数があり、実績も伴っており、安心できる葬儀社ではないでしょうか。 実際、筆者の知り合いの親が亡くなったときに、小さなお葬式を利用し、「これは必要ないのではないでしょうか?」とプランを立てる際に予算を減らす提案をしてこられたことに驚いていました。 料金プラン 茨木市のその他の葬儀社 項目 内容 名称 セレモール花廣 所在地 大阪府茨木市東宮町7-6 電話番号 072-625-1144 セレモール花廣は茨木市にある1897年(明治30年)創業の葬儀社です。社名でもある自社ホール・セレモール花廣は阪急京都線茨木市駅から徒歩10分、車でのアクセスも茨木インターチェンジから5分と好立地です。100台収容可能な駐車場も完備で大規模葬にも十分対応できます。密葬・家族葬から社葬・団体葬まであらゆる葬儀に歴史と実績に基づいたサービスを提供しています。 納得のいく葬儀を行うためには見積もり比較が大切です 上記の一覧のように、茨木市には多数の葬儀社があります。 納得のいく葬儀社を探すためには、見積もりを取って比較することが大切です。 葬儀社の見積もりを一括請求する 地域の葬儀社を一社一社訪れて、見積もりをもらうのは大変な労力です。そこで一括資料請求サービスを行うのがオススメです。 日本最大級の葬儀情報サイト「葬儀レビ」が行っている一括資料請求では、厳しい基準をクリアした全国400社の葬儀社から最大10社の葬儀社の見積もりを一括請求することができ、内容を比較検討することが可能となっています。 利用料は完全無料で24時間スタッフが待機しているのでお急ぎの場合でも安心です。 登録されているのは全国の優良葬儀社400社 希望葬儀エリアから最大10社の見積もりを一括請求 利用料は完全無料 24時間365日スタッフが待機しているのでお急ぎのときでも安心 葬儀社への手配も可能 入力はすぐに終わるので、まずは自分が希望するエリアでどのような葬儀があるか、葬儀費用はどのくらいかかるのか、ということを事前に調べてみましょう! 茨木市の市営葬儀 茨木市の市営葬儀を利用できるのは死亡者または喪主が茨木市に住民登録されている方になります。 茨木市の市営葬儀の料金 81,880円(全部使用) 全部使用に含まれるもの 納棺(棺箱含む)、葬祭用品等の供与 祭壇、幕類(家紋なし)の飾付け 葬儀(通夜・告別式)進行 (通夜式は斎場式のみ) 霊柩車の配車 火葬の執行 含まれないもの 遺影写真、ドライアイス 式場使用料 宗教者(寺院等)へのお礼、マイクロバス、供花、供物、盛花、式進行補助員、料理、会葬者へのお礼の品など 病院から自宅等までのご遺体搬送料 その他 市営葬儀は最安で葬儀を行えるのか? 市営葬儀はなんとなく「安い」というイメージがありますが、必ずしも最安になるわけではありません。 プランによっては思ったより費用がかかる場合もあります。 市営葬儀をうまく利用することで、費用を抑えることは可能なので、葬儀を行う自治体の制度をよく理解し、取扱店からしっかりと見積もりをもらうことが重要です。 最近では会葬者を呼ばずに身内だけで葬儀を行う人が増えてきています。 中でも火葬のみを行う直葬、通夜を省略した一日葬、通夜・告別式をコンパクトに行う家族葬などの追加費用無しを謳ったサービスも急増しています。 もし、「葬儀は身内だけでいい」「葬儀にかかるお金をとにかく減らしたい」という人は上記で紹介した「小さなお葬式」などの定額葬儀サービスも検討した方が良いでしょう。 茨木市について 茨木市は大阪府北部に位置する人口28万人、面積76.49㎢の都市です。 隣接する自治体は吹田市、高槻市、箕面市、摂津市、豊能郡豊能町、京都府亀岡市の6つです。 市名の由来は茨の木が多い土地でその茨を切って屋根を葺いたことから茨切となり、それがなまって茨木と呼ばれるようになったと言われています。 茨木市は旧石器時代、縄文時代、弥生時代の遺跡が多数発掘されている土地で日本有数の古墳地帯としても知られています。 平安時代から西国街道を中心に拓けてきて、室町時代には茨城城が築かれその城下町が地域の拠点として栄えました。 江戸期には参勤交代の宿泊地としてその名を知られる「椿の本陣」周辺が賑わいをみせ、現在の茨木市の基礎を形作っていきました。 明治に入ると町村制の施行により茨木町が誕生。そして戦後の1948年に茨木町・三島村・春日村・玉櫛村の1町3村が合併し市制を施行しました。 そして1954年に安威村・玉島村、1955年に福井村・石河村・清溪村・見山村、1956年に箕面市の一部であった豊川村東部、1957年に三宅村を合併し現在の茨木市のかたちとなっています。 戦後の茨木市は大阪市のベッドタウンとして急速に発展していきました。 大量の人口流入にともない企業や商業施設そして工場の進出も進み近代的な都市へと変貌を遂げていきました。 また、大学の進出も進み市内には藍野大学、追手門学院大学、梅花女子大学、大阪行岡医療大学、立命館大学など多数の大学がキャンパスを置き文教都市としての顔も持つようになっています。 2001年に特例市へ移行したのを合図としたかのように、21世紀に入ってからはJR茨木駅や阪急茨木駅周辺で大規模な再開発が相次ぎ高層マンションや商業施設が建設されるなど茨木の街は活性化しています。