Pocket

数年前の資料になりますが、東京都多摩市が平成19年に市民の方2,000人を対象に「葬祭場や墓園に関するアンケート調査」を行なわれました。

その中で、
「あなたは、ご自分の葬儀の規模についてどう思いますか?」という質問がありました。
回答は75.9%の方が「あまりお金をかけず、親しい人とこぢんまり行ってほしい」というものでした。
「行ってほしくない」という回答も10.4%あり、両方の回答を足すと86.3%にもなりました。

多くの方が、葬儀は”簡素”に”安く”行いたいと考えていることが如実に表されたアンケート結果になりました。

葬儀を簡素に安く行うには?

葬儀を簡素に安く行うためには、どうすればよいのでしょうか?

「葬儀を行うとしたらどこで行ないますか?」という質問に対しては、「公営の斎場」が43.9%、「地域集会所」が12.1%という結果でした。

公営の施設だと安くすませることができるというイメージからこのような回答結果になったものと考えられます。

実際に公営の斎場や地域集会所はそこの住民であれば、民間施設に比べて随分と安い価格設定になっています。(火葬場や地域集会所は無料の自治体もあります)

また、自治体によっては市営葬儀・区民葬儀など公営葬儀制度を設けているところもあります。

住民の方の葬儀にかかる費用を比較的安くできるように設けられている制度になりますので、葬儀を安く済ませたい方は必ず選択肢の1つに入れられるとよいと思います。

ただし、公営葬儀が必ず最安になるかと言えば、そうでない場合もあります。
公営葬儀は必要最低限のものを用意している場合が多く、葬儀場料金や棺桶などがオプションになっていることもあり、ケースによっては思った以上に費用がかかってしまったということもあります。
自治体によって制度が違いますので、しっかりと理解し、公営葬儀取扱店からしっかりと見積もりを取ってもらうことが重要です。

定額葬儀サービスの活用

最近では民間の葬儀サービスでも、定価価格かつ明朗会計をうたう葬儀社が出てきています。
例えば、全国展開する「小さなお葬式」では、定額のお葬式で「追加料金一切不要」をうたっており、仮に不当な請求があった場合には返金保証もつけています。

小さなお葬式

クリックで公式HPにアクセスします

一番安いプランの「小さな火葬式」では、無料資料請求をすることで何と総額188,000円(税込)で行うことができるようです。
ただし、気をつけなければいけないのは、このプランはお通夜・告別式は行わず、親しい方のみで火葬場に行き、最低限の火葬のみを行うプランになります。

具体的に含まれている内容は下記の通りです。

  • 亡くなった場所まで寝台車でお迎え
  • 遺体の安置料金
  • ドライアイス
  • 枕飾り一式
  • 仏衣一式
  • 棺用布団
  • 役所・火葬場手続き代行
  • 火葬場までの寝台車
  • 火葬料金
  • 骨壷・骨箱
  • お別れ用花束
  • 自宅飾り一式
  • 白木位牌
  • 運営サポートスタッフ

お通夜や告別式が必要ないとお考えなのであれば、十分なサービスと言えるでしょう。

次に安いプランは「小さな一日葬」で総額が無料資料請求で338,000円(税込)になります。
こちらはお通夜が行われず、告別式と火葬を一日で行う葬儀形式になります。
上記「小さな火葬式」で含まれているもの以外に下記のものが追加されます。

  • 安置場所から葬儀場までの寝台車
  • 葬儀場利用料金
  • 生花花壇
  • 遺影写真セット
  • 受付セット
  • 司会スタッフ
  • 式中初七日
  • 会葬礼状

「小さな火葬式」や「小さな一日葬」であれば、公営葬儀制度の同レベルの内容とくらべても、安くなる可能性はありますので、公営葬儀でお見積を取った上で、比較検討してみる価値は十分にあります。

なお、上記金額は資料請求(無料)をした場合の割引金額になります。
ですので、検討される方は資料請求することをお勧めします。

葬儀を安く行うための葬儀社選び

参列者の人数やどのような葬儀を行ないたいか決まったら、見積もりを取ることをお勧めします。
1社だけでなく、最低でも3社からは見積もりを取り、金額を比較し、後はこちらの希望を十分にくみ取って提案してくれる葬儀社を選ぶとよいでしょう。

何社も問い合わせするのは手間がかかって面倒だという場合は、全国約400社の中から最大で10社の見積もりを出してくれる、葬儀情報サイト「葬儀レビ」が行っている一括資料請求があります。

完全無料で急ぎの場合でも10分で見積もりを出してもらえるようですので、取りあえず利用してみてもよいと思います。



全国主要都市における葬儀を安く行う方法

東京都

足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区
葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区
新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区
中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区
文京区 港区 目黒区 青梅市 立川市
多摩市 調布市 八王子市 府中市 武蔵野市
三鷹市 国立市 町田市 昭島市 小平市
日野市 東村山市

神奈川県

横浜市 川崎市 茅ヶ崎市 平塚市 相模原市
藤沢市 厚木市 横須賀市 大和市 海老名市

千葉県

千葉市 松戸市 市川市 船橋市 柏市
成田市

埼玉県

草加市 春日部市 川口市 上尾市 川越市
さいたま市 入間市 ふじみ野市 狭山市 熊谷市
越谷市

大阪府

大阪市 堺市 豊中市 高槻市 茨木市
枚方市 八尾市

兵庫県

神戸市 西宮市 尼崎市 伊丹市 芦屋市
明石市
Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2017/05/graf01-1024x424.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2017/05/graf01-150x150.jpgsougi葬儀を格安に行う
数年前の資料になりますが、東京都多摩市が平成19年に市民の方2,000人を対象に「葬祭場や墓園に関するアンケート調査」を行なわれました。 その中で、 「あなたは、ご自分の葬儀の規模についてどう思いますか?」という質問がありました。 回答は75.9%の方が「あまりお金をかけず、親しい人とこぢんまり行ってほしい」というものでした。 「行ってほしくない」という回答も10.4%あり、両方の回答を足すと86.3%にもなりました。 多くの方が、葬儀は”簡素”に”安く”行いたいと考えていることが如実に表されたアンケート結果になりました。 葬儀を簡素に安く行うには? 葬儀を簡素に安く行うためには、どうすればよいのでしょうか? 「葬儀を行うとしたらどこで行ないますか?」という質問に対しては、「公営の斎場」が43.9%、「地域集会所」が12.1%という結果でした。 公営の施設だと安くすませることができるというイメージからこのような回答結果になったものと考えられます。 実際に公営の斎場や地域集会所はそこの住民であれば、民間施設に比べて随分と安い価格設定になっています。(火葬場や地域集会所は無料の自治体もあります) また、自治体によっては市営葬儀・区民葬儀など公営葬儀制度を設けているところもあります。 住民の方の葬儀にかかる費用を比較的安くできるように設けられている制度になりますので、葬儀を安く済ませたい方は必ず選択肢の1つに入れられるとよいと思います。 ただし、公営葬儀が必ず最安になるかと言えば、そうでない場合もあります。 公営葬儀は必要最低限のものを用意している場合が多く、葬儀場料金や棺桶などがオプションになっていることもあり、ケースによっては思った以上に費用がかかってしまったということもあります。 自治体によって制度が違いますので、しっかりと理解し、公営葬儀取扱店からしっかりと見積もりを取ってもらうことが重要です。 定額葬儀サービスの活用 最近では民間の葬儀サービスでも、定価価格かつ明朗会計をうたう葬儀社が出てきています。 例えば、全国展開する「小さなお葬式」では、定額のお葬式で「追加料金一切不要」をうたっており、仮に不当な請求があった場合には返金保証もつけています。 一番安いプランの「小さな火葬式」では、無料資料請求をすることで何と総額188,000円(税込)で行うことができるようです。 ただし、気をつけなければいけないのは、このプランはお通夜・告別式は行わず、親しい方のみで火葬場に行き、最低限の火葬のみを行うプランになります。 具体的に含まれている内容は下記の通りです。 亡くなった場所まで寝台車でお迎え 遺体の安置料金 ドライアイス 枕飾り一式 棺 仏衣一式 棺用布団 役所・火葬場手続き代行 火葬場までの寝台車 火葬料金 骨壷・骨箱 お別れ用花束 自宅飾り一式 白木位牌 運営サポートスタッフ お通夜や告別式が必要ないとお考えなのであれば、十分なサービスと言えるでしょう。 次に安いプランは「小さな一日葬」で総額が無料資料請求で338,000円(税込)になります。 こちらはお通夜が行われず、告別式と火葬を一日で行う葬儀形式になります。 上記「小さな火葬式」で含まれているもの以外に下記のものが追加されます。 安置場所から葬儀場までの寝台車 葬儀場利用料金 生花花壇 遺影写真セット 受付セット 司会スタッフ 式中初七日 会葬礼状 「小さな火葬式」や「小さな一日葬」であれば、公営葬儀制度の同レベルの内容とくらべても、安くなる可能性はありますので、公営葬儀でお見積を取った上で、比較検討してみる価値は十分にあります。 なお、上記金額は資料請求(無料)をした場合の割引金額になります。 ですので、検討される方は資料請求することをお勧めします。 5,000円割引が受けられる無料の資料請求はこちら 葬儀を安く行うための葬儀社選び 参列者の人数やどのような葬儀を行ないたいか決まったら、見積もりを取ることをお勧めします。 1社だけでなく、最低でも3社からは見積もりを取り、金額を比較し、後はこちらの希望を十分にくみ取って提案してくれる葬儀社を選ぶとよいでしょう。 何社も問い合わせするのは手間がかかって面倒だという場合は、全国約400社の中から最大で10社の見積もりを出してくれる、葬儀情報サイト「葬儀レビ」が行っている一括資料請求があります。 完全無料で急ぎの場合でも10分で見積もりを出してもらえるようですので、取りあえず利用してみてもよいと思います。 全国主要都市における葬儀を安く行う方法 東京都 足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 青梅市 立川市 多摩市 調布市 八王子市 府中市 武蔵野市 三鷹市 国立市 町田市 昭島市 小平市 日野市 東村山市 神奈川県 横浜市 川崎市 茅ヶ崎市 平塚市 相模原市 藤沢市 厚木市 横須賀市 大和市 海老名市 千葉県 千葉市 松戸市 市川市 船橋市 柏市 成田市 埼玉県 草加市 春日部市 川口市 上尾市 川越市 さいたま市 入間市 ふじみ野市 狭山市 熊谷市 越谷市 大阪府 大阪市 堺市 豊中市 高槻市 茨木市 枚方市 八尾市 兵庫県 神戸市 西宮市 尼崎市 伊丹市 芦屋市 明石市