東京都で葬儀を安く行うについて

東京都の概要

東京は皆さんご存知のとおり、日本の首都です。
それでは、いったいいつから「東京」と呼ばれるようになったかご存知でしょうか?
江戸幕府があった江戸が慶応4年(1868年)に「東京」と名称が変更されました。
また、都としては、明治2年(1872年)に京都から遷されました。

現在、東京には23区・26市・1郡あり、人口は1316万人いてます。(2010年時点)

23区は次のとおりです。
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区

東京都の葬儀事情

現在の東京の葬儀事情の特徴としては火葬場が足りないということがあげられます。
東京23区には9つのの火葬場がありますが、公営の火葬場は2件のみで、あとの7件は民間会社が運営しています。(公営のものは大田区の「臨海斎場」と江戸川区にある「瑞江葬儀所」の2か所だけです。)
他の都道府県では、公営の火葬場が多いのですが、人口が多く民間に頼らざるを得ないという東京ならではの現状になります。

それならば、火葬場を増やせば良いではないかという意見もありますが、近所の住民の反対運動などもあり、簡単には新たに火葬場を増やせないという現状があります。

死亡者が多くなる2月などには火葬場不足は深刻になり、1週間先まで予約が取れないこともあります。
その間、遺体を安置しなければならないのですが、安置する「ご遺体ホテル」が登場し、何と稼働率は常に7割あるのだとか。

そうした現状を見て、「Uターン葬儀」というものも生まれています。
石川県小松市では、県外で亡くなった、地元にゆかりのある人の葬儀の受け入れを始めています。

東京都の葬儀社紹介

東京都の葬儀社についてお知りになりたい地域を選択してください。
東京各地域の葬儀社・斎場の情報をご覧いただくことができます。

東京都で葬儀を安く行う

中野区の葬儀マニュアル(価格重視バージョン)

中野区で経済的な葬儀を行う 中野区には、火葬場、公営の斎場がありません。 そのため、価格を抑えた葬儀をあげる方法として、お通夜〜告別式〜火葬まで、すべて行うことができる総合斎場の「落合斎場」(新宿区)を利用するということ
Continue Reading
東京都で葬儀を安く行う

東京都北区の葬儀マニュアル(価格を抑える)

東京都北区で葬儀を安くあげるために 東京都北区で葬儀を安くあげる方法として、区営の北区セレモニーホールを利用するという方法があります。 こちらは74,000円で利用することが可能です。 同時に2組の葬儀を行うことができ、
Continue Reading
東京都で葬儀を安く行う

荒川区で葬儀を安くあげるために

荒川区で経済的な葬儀をあげる 荒川区には区営斎場がありません。 そのため、葬儀を安くあげるためには、お通夜〜告別式〜火葬まで同じ施設で行える総合斎場で行うことがあげられます。 荒川区には総合斎場として「町屋斎場」がありま
Continue Reading
東京都で葬儀を安く行う

墨田区の葬儀社選び(価格重視で選ぶ)

墨田区で安く葬儀を行うために 墨田区には公営斎場も火葬場もありません。 そのため、隣接している荒川区の町屋斎場、葛飾区の四ツ木斎場といった火葬場を併設された斎場を利用される方が多いです。 町屋斎場、四ツ木斎場ともにお通夜
Continue Reading
12

葬儀の依頼・相談・資料請求は小さなお葬式へ!24時間365日受付

0120-701-754

資料請求で5,000円割引!