Pocket

hayawari

小さなお葬式の早割

従来の葬儀の割引サービスは複雑なものが多い?

葬儀には様々な割引サービスがあります。基本的には互助会や葬儀社の会員に入会することで、毎月一定額を積み立てていくことで葬儀費用を割り引くタイプのものが多いです。

例えば、月々3,000円を100~120回払いで毎月積み立てることで、実際の葬儀では役務(サービス)を提供する形です。また系列の式場使用料や葬祭以外の様々な施設でも会員価格で使用することができたりします。

幅広いサービスが受けられる互助会ですが、一方で積み立てる金額も大きく、引っ越しをする場合などは引越し先の互助会に移転する必要があったり、解約の仕方が複雑だったりとデメリットもあります。

費用はたったの500円!葬儀の掛け捨て保険

小さなお葬式にも割引きプランがあります。それが早割です。

小さなお葬式の早割にかかる費用はたったの500円です。
互助会などの積立方式とは違い、小さなお葬式の早割は掛け捨てタイプです

もちろん、互助会などと同様に申し込んだ本人のほか、三親等までの人の葬儀で早割を適用することが可能です。

従来の互助会などと比べて非常にシンプルかつ低負担で葬儀価格を割り引くことができます。

早割の仕組み

早割の仕組みは申し込んでから、30日後、1年後、2年後と3段階で割引額が上がって行きます。なお、100名までのお葬式プランでは60日後に最大割引額に達します。

葬儀プラン 申込内容 通常価格 30日後 1年後 2年後 最大割引額
小さな火葬式 葬儀のみ 193,000円 178,000円 173,000円 168,000円 -25,000円
葬儀+寺院手配 248,000円 232,000円 225,000円 217,500円 -30,500円
小さな一日葬 葬儀のみ 343,000円 328,000円 318,000円 303,000円 -40,000円
葬儀+寺院手配 428,000円 411,000円 398,000円 379,500円 -48,500円
小さな家族葬 葬儀のみ 493,000円 478,000円 463,000円 443,000円 -50,000円
葬儀+寺院手配 653,000円 635,000円 615,000円 587,000円 -66,000円
葬儀プラン 申込内容 通常価格 30日後 60日後 最大割引額
100名までのお葬式 葬儀のみ 643,000円 613,000円 593,000円 -50,000円
葬儀+寺院手配 803,000円 765,000円 737,000円 -66,000円

早割の期限は割引が発生してから3年です。加入者は有効期限内に500円を追加することで有効期限をさらに3年伸ばすことができます

つまり、もっとも割引額が少ない小さな火葬式の25,000円割引でも50回延長、すなわち150年経っても葬儀が行われない場合や申込から30日以内の葬儀を除けば損をすることはありません。

従来の互助会では仮に互助会とは別のところで葬儀を行う場合などは解約しないと積立金が戻ってきませんが、その場合は解約手数料などの面で損をしていました。小さなお葬式は小さなお葬式で葬儀を行う限りは損は発生しませんし、仮に小さなお葬式以外で葬儀を上げる場合でも3年ごと500円の分だけです。

まさに葬儀の優秀な掛け捨て保険と言えるでしょう。もともと業界トップクラスの安さを誇る小さなお葬式の葬儀価格をさらにオトクな価格で利用できるのは嬉しいですね。

小さなお葬式

早割の申込方法、使い方

1分で終わる早割の申込方法

早割の申込はいたって簡単で、WEBから申し込むだけでOKです。名前のほか、メールアドレスか携帯電話の番号申込枚数支払い方法(コンビニ、クレジットカード、銀行振り込み)早割申込証明書をPDFで受け取るか郵送で届けるかという6つの項目だけです。

また、電話での申込も24時間365日対応しています。電話の場合は支払い方法が銀行振込のみとなることに注意が必要です。

申込内容をいつでも確認できる早割の便利機能

早割申込み証明書

早割の申し込み手続きが完了すると、「早割申込み証明書」が送られます。早割申込み証明書には、早割申込み日割引開始日有効期限などが記載されています。

これは申込時に郵送だけでなく、PDFファイルで受け取る方法も選択できます。もしものときのために常に手元に持っていなくても、PCやスマートフォンなどから確認できるので便利です。

割引状況をメールでお知らせ

早割では割引開始日割引額変動時継続申込時期などの期日をメールでお知らせする機能があります。特に最大割引率を維持するためにも、3年後の忘れている頃に継続申込時期をお知らせしてくれるのは重要です。

早割マイページ

証明書やメール以外にも小さなお葬式のサイトのマイページ内で確認可能です。現在の割引状況や各葬儀プランの価格などが人目で確認できるので、もしものときにも安心です。

早割の使い方はとてもシンプル

早割の使い方はシンプルで、逝去された時に小さなお葬式に電話で連絡しますが、その際に早割を申し込んでいる旨をオペレーターに伝えるだけです。早割の適用に関して特に難しい手続きを踏むことはありません。

なお、事前に資料請求を行えばさらに5,000円引きとなります。早割カードもついてくるので、気になる方は無料の資料請求をしてみましょう!

免責事項

本記事は公式サイトの情報、資料請求に掲載されている情報によって得た情報を元に構成しています。
情報の内容を細心の注意を払っていますが、その内容を保証するものではありません。
情報は本記事執筆時のものです。

Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/10/hayawari-1024x576.pnghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/10/hayawari-150x150.pngおさる小さなお葬式
小さなお葬式の早割 従来の葬儀の割引サービスは複雑なものが多い? 葬儀には様々な割引サービスがあります。基本的には互助会や葬儀社の会員に入会することで、毎月一定額を積み立てていくことで葬儀費用を割り引くタイプのものが多いです。 例えば、月々3,000円を100~120回払いで毎月積み立てることで、実際の葬儀では役務(サービス)を提供する形です。また系列の式場使用料や葬祭以外の様々な施設でも会員価格で使用することができたりします。 幅広いサービスが受けられる互助会ですが、一方で積み立てる金額も大きく、引っ越しをする場合などは引越し先の互助会に移転する必要があったり、解約の仕方が複雑だったりとデメリットもあります。 費用はたったの500円!葬儀の掛け捨て保険 小さなお葬式にも割引きプランがあります。それが早割です。 小さなお葬式の早割にかかる費用はたったの500円です。 互助会などの積立方式とは違い、小さなお葬式の早割は掛け捨てタイプです もちろん、互助会などと同様に申し込んだ本人のほか、三親等までの人の葬儀で早割を適用することが可能です。 従来の互助会などと比べて非常にシンプルかつ低負担で葬儀価格を割り引くことができます。 早割の仕組み 早割の仕組みは申し込んでから、30日後、1年後、2年後と3段階で割引額が上がって行きます。なお、100名までのお葬式プランでは60日後に最大割引額に達します。 葬儀プラン 申込内容 通常価格 30日後 1年後 2年後 最大割引額 小さな火葬式 葬儀のみ 193,000円 178,000円 173,000円 168,000円 -25,000円 葬儀+寺院手配 248,000円 232,000円 225,000円 217,500円 -30,500円 小さな一日葬 葬儀のみ 343,000円 328,000円 318,000円 303,000円 -40,000円 葬儀+寺院手配 428,000円 411,000円 398,000円 379,500円 -48,500円 小さな家族葬 葬儀のみ 493,000円 478,000円 463,000円 443,000円 -50,000円 葬儀+寺院手配 653,000円 635,000円 615,000円 587,000円 -66,000円 葬儀プラン 申込内容 通常価格 30日後 60日後 最大割引額 100名までのお葬式 葬儀のみ 643,000円 613,000円 593,000円 -50,000円 葬儀+寺院手配 803,000円 765,000円 737,000円 -66,000円 早割の期限は割引が発生してから3年です。加入者は有効期限内に500円を追加することで有効期限をさらに3年伸ばすことができます。 つまり、もっとも割引額が少ない小さな火葬式の25,000円割引でも50回延長、すなわち150年経っても葬儀が行われない場合や申込から30日以内の葬儀を除けば損をすることはありません。 従来の互助会では仮に互助会とは別のところで葬儀を行う場合などは解約しないと積立金が戻ってきませんが、その場合は解約手数料などの面で損をしていました。小さなお葬式は小さなお葬式で葬儀を行う限りは損は発生しませんし、仮に小さなお葬式以外で葬儀を上げる場合でも3年ごと500円の分だけです。 まさに葬儀の優秀な掛け捨て保険と言えるでしょう。もともと業界トップクラスの安さを誇る小さなお葬式の葬儀価格をさらにオトクな価格で利用できるのは嬉しいですね。 早割の申込方法、使い方 1分で終わる早割の申込方法 早割の申込はいたって簡単で、WEBから申し込むだけでOKです。名前のほか、メールアドレスか携帯電話の番号、申込枚数と支払い方法(コンビニ、クレジットカード、銀行振り込み)、早割申込証明書をPDFで受け取るか郵送で届けるかという6つの項目だけです。 また、電話での申込も24時間365日対応しています。電話の場合は支払い方法が銀行振込のみとなることに注意が必要です。 申込内容をいつでも確認できる早割の便利機能 早割申込み証明書 早割の申し込み手続きが完了すると、「早割申込み証明書」が送られます。早割申込み証明書には、早割申込み日、割引開始日、有効期限などが記載されています。 これは申込時に郵送だけでなく、PDFファイルで受け取る方法も選択できます。もしものときのために常に手元に持っていなくても、PCやスマートフォンなどから確認できるので便利です。 割引状況をメールでお知らせ 早割では割引開始日、割引額変動時、継続申込時期などの期日をメールでお知らせする機能があります。特に最大割引率を維持するためにも、3年後の忘れている頃に継続申込時期をお知らせしてくれるのは重要です。 早割マイページ 証明書やメール以外にも小さなお葬式のサイトのマイページ内で確認可能です。現在の割引状況や各葬儀プランの価格などが人目で確認できるので、もしものときにも安心です。 早割の使い方はとてもシンプル 早割の使い方はシンプルで、逝去された時に小さなお葬式に電話で連絡しますが、その際に早割を申し込んでいる旨をオペレーターに伝えるだけです。早割の適用に関して特に難しい手続きを踏むことはありません。 なお、事前に資料請求を行えばさらに5,000円引きとなります。早割カードもついてくるので、気になる方は無料の資料請求をしてみましょう! 免責事項 本記事は公式サイトの情報、資料請求に掲載されている情報によって得た情報を元に構成しています。 情報の内容を細心の注意を払っていますが、その内容を保証するものではありません。 情報は本記事執筆時のものです。