Pocket

machiya-gaiyou

町屋斎場は東京都荒川区の火葬と式場を併設した総合斎場です。東京博善株式会社が23区内の火葬場のほとんどを運営しており、町屋斎場は6つの斎場の中でも最も規模が大きく、歴史のある斎場となっており、数多くの偉人・著名人が町屋斎場で火葬されています。

町屋斎場の概要

施設概要

町屋斎場は1994年に改修され、非常に現代的なデザインとなっています。中央に火葬施設があり、左右に式場が分かれている構造になっています。

建物 3階建て
火葬炉 12基
休憩室 13室
斎場 10室
控室 10室
コーヒーコーナー 2ヶ所
売店 4ヶ所

所在地・アクセス

町屋斎場は荒川区町屋に位置する

住所 〒116-0001
東京都荒川区町屋1-23-4
電話番号 03-3892-0311
FAX 03-3892-2029

町屋斎場への詳しいアクセスは以下のページを御覧ください。

町屋斎場のアクセス 電車・バス・車での行き方

町屋斎場の特徴

町屋斎場のメリット

町屋斎場は以下のメリットが挙げられます。

  • 周辺住民の主要な火葬場
  • 民営なので住所にかかわらず価格が同一
  • 公営と違い、時間に余裕をもって利用することができる。
  • 火葬場と式場が併設されているので火葬場への移動コストが減る
  • 大型葬にも対応
  • 歴史が古く、地域に親しまれている。さらに近年改修されており、綺麗で現代的
  • 公共交通機関のアクセスが良い

町屋斎場のデメリット

町屋斎場は以下の点に注意が必要です。

  • 民間斎場なので高額になりがち
  • 貸切ではないので他喪家がおり、他式場の読経などが聞こえることがある
  • 駐車場は70台ほどあるが、混みあう時間帯では駐車できない事が多い
  • 入浴設備がない

町屋斎場の歴史

町屋火葬場は江戸五三昧(ざんまい)の歴史を伝える。江戸五三昧とは、千駄木・桐ヶ谷・渋谷・炮縁新田・小原塚にあった火葬場をいう。小塚原の火葬場は寛文九年(1669)に下谷・浅草あたりの各寺院から移されたもので、火葬寺・火屋などともよばれた。明治二十年、周辺の市街化により廃止、二年後に町屋に移転した。一方、火葬場の増設許可が下り、同二十年、東京博善社が日暮里火葬場を新設。その後、同火葬場は町屋火葬場の隣地に移ることになり、同三十七年の移転とともに、町屋火葬場と合併した。

荒川区教育委員会

町屋斎場は非常に歴史のある斎場です。樋口一葉の小説『たけくらべ』にも前身の日暮里火葬場が登場するように、明治期の東京の原風景となっていました。

5千円札の人「樋口一葉」の知られざる葬式と明治時代の火葬

現在でも東京では火葬場は東京博善社の火葬場が公営になりかわって火葬場の多くを運営しています。

Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/12/machiya-gaiyou-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/12/machiya-gaiyou-150x150.jpgおさる町屋斎場
町屋斎場は東京都荒川区の火葬と式場を併設した総合斎場です。東京博善株式会社が23区内の火葬場のほとんどを運営しており、町屋斎場は6つの斎場の中でも最も規模が大きく、歴史のある斎場となっており、数多くの偉人・著名人が町屋斎場で火葬されています。 町屋斎場の概要 施設概要 町屋斎場は1994年に改修され、非常に現代的なデザインとなっています。中央に火葬施設があり、左右に式場が分かれている構造になっています。 建物 3階建て 火葬炉 12基 休憩室 13室 斎場 10室 控室 10室 コーヒーコーナー 2ヶ所 売店 4ヶ所 所在地・アクセス 町屋斎場は荒川区町屋に位置する 住所 〒116-0001 東京都荒川区町屋1-23-4 電話番号 03-3892-0311 FAX 03-3892-2029 町屋斎場への詳しいアクセスは以下のページを御覧ください。 https://memories-in-time.net/machiya-access/ 町屋斎場の特徴 町屋斎場のメリット 町屋斎場は以下のメリットが挙げられます。 周辺住民の主要な火葬場 民営なので住所にかかわらず価格が同一 公営と違い、時間に余裕をもって利用することができる。 火葬場と式場が併設されているので火葬場への移動コストが減る 大型葬にも対応 歴史が古く、地域に親しまれている。さらに近年改修されており、綺麗で現代的 公共交通機関のアクセスが良い 町屋斎場のデメリット 町屋斎場は以下の点に注意が必要です。 民間斎場なので高額になりがち 貸切ではないので他喪家がおり、他式場の読経などが聞こえることがある 駐車場は70台ほどあるが、混みあう時間帯では駐車できない事が多い 入浴設備がない 町屋斎場の歴史 町屋火葬場は江戸五三昧(ざんまい)の歴史を伝える。江戸五三昧とは、千駄木・桐ヶ谷・渋谷・炮縁新田・小原塚にあった火葬場をいう。小塚原の火葬場は寛文九年(1669)に下谷・浅草あたりの各寺院から移されたもので、火葬寺・火屋などともよばれた。明治二十年、周辺の市街化により廃止、二年後に町屋に移転した。一方、火葬場の増設許可が下り、同二十年、東京博善社が日暮里火葬場を新設。その後、同火葬場は町屋火葬場の隣地に移ることになり、同三十七年の移転とともに、町屋火葬場と合併した。 荒川区教育委員会 町屋斎場は非常に歴史のある斎場です。樋口一葉の小説『たけくらべ』にも前身の日暮里火葬場が登場するように、明治期の東京の原風景となっていました。 https://memories-in-time.net/higuchi-ichiyou/ 現在でも東京では火葬場は東京博善社の火葬場が公営になりかわって火葬場の多くを運営しています。