Pocket

mochu-hagaki

喪中のお正月には年賀状を出さないことは知っていましたか?喪中はがき・年賀欠礼の書き方、書いてはいけないこと、喪中の期間、寒中見舞いの出し方など、年賀欠礼の基本を解説します!

喪中はがきの基本

喪中に年賀状を出してはいけない

家族が亡くなったら、「喪中」と呼ばれる喪に服す期間に入ります。この間はできるだけお祝い事への参加を控える必要があります。

喪中の期間は正確には決まっていませんが、家族が亡くなった場合は一周忌までの1年間を喪中とすることが多いようです。

喪中はいつまでで何をしたらダメか「忌服・服喪期間」徹底解説

そして、1年間で必ず訪れるお祝い事がお正月の年賀状です。年賀状は新年のお祝いと挨拶が目的ですので、喪中では控えなければなりません。そのため、喪中では年賀状の代わりに年賀欠礼、いわゆる「喪中はがき」を出す必要があります。

喪中ハガキを受け取った側も年賀状ではなく「寒中見舞い」を出す

喪に服している人は祝い事を遠慮しているので、当然ですがこちらから喪中の人へも年賀状を出してはいけません

喪中はがきを受け取ったら、こちらも年賀状の代わりに寒中見舞いを出します。寒中見舞いは寒さが厳しい季節に相手の体調を気遣って送る挨拶状ですが、近年では喪中の人に年賀状の代わりに出すことが多くなってきました。

寒中見舞いを出す時期は松の内(1月1日〜1月7日) が明けてから、立春(2月4日頃)までに出します。

喪中はがきの出し方

喪中はがきに書くこと

喪中はがきに必ず盛り込む内容は

  • 喪中のため新年の挨拶を遠慮することと、そのお詫び
  • 今年中のご厚誼への感謝と来年も変わらぬご厚誼の依頼

の2点です。

家族葬・密葬などで死亡通知をまだ出していなかったり、死亡通知が行き届いていない人に届ける場合は、

  • 誰が亡くなったのか。差出人と故人との続柄
  • いつ亡くなり、いつ葬儀を執り行ったか

など、故人に関する詳細なことも記載してもよいです。

喪中はがきに書いてはいけないこと

喪中はがきは喪に服しているため、お祝い事を辞退する年賀欠礼の挨拶です。そのため

  • おめでとうございます
  • 年賀
  • お慶び

などお祝いの言葉を書かないように注意しましょう。

また、喪中はがきは年賀欠礼に関するもの以外は書いてはいけません。そのため、近況報告などは書かないようにしましょう。

11月中〜12月初旬に届くように出す

喪中はがきは11月中から、遅くとも12月初旬には相手に届くように郵送します。

これは相手が年賀状の準備をする前に喪中であることをお知らせして、相手も年賀状の準備をしたり出してしまったりすることを防ぐための心遣いです。

まとめ

  • 喪中の人は年賀状を出さずに喪中はがきを出す
  • 周囲の人も喪中の人へは年賀状を出さずに寒中見舞いを出す
  • 喪中はがきは11月中〜12月初旬までに届くように出す

↓早めの喪中はがきの準備は安くて簡単な「いんさつどっとねっと」↓


Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/11/mochu-hagaki-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/11/mochu-hagaki-150x150.jpgおさる喪中のマナー
喪中のお正月には年賀状を出さないことは知っていましたか?喪中はがき・年賀欠礼の書き方、書いてはいけないこと、喪中の期間、寒中見舞いの出し方など、年賀欠礼の基本を解説します! 喪中はがきの基本 喪中に年賀状を出してはいけない 家族が亡くなったら、「喪中」と呼ばれる喪に服す期間に入ります。この間はできるだけお祝い事への参加を控える必要があります。 喪中の期間は正確には決まっていませんが、家族が亡くなった場合は一周忌までの1年間を喪中とすることが多いようです。 https://memories-in-time.net/kichu-mochu/ そして、1年間で必ず訪れるお祝い事がお正月の年賀状です。年賀状は新年のお祝いと挨拶が目的ですので、喪中では控えなければなりません。そのため、喪中では年賀状の代わりに年賀欠礼、いわゆる「喪中はがき」を出す必要があります。 喪中ハガキを受け取った側も年賀状ではなく「寒中見舞い」を出す 喪に服している人は祝い事を遠慮しているので、当然ですがこちらから喪中の人へも年賀状を出してはいけません。 喪中はがきを受け取ったら、こちらも年賀状の代わりに寒中見舞いを出します。寒中見舞いは寒さが厳しい季節に相手の体調を気遣って送る挨拶状ですが、近年では喪中の人に年賀状の代わりに出すことが多くなってきました。 寒中見舞いを出す時期は松の内(1月1日〜1月7日) が明けてから、立春(2月4日頃)までに出します。 喪中はがきの出し方 喪中はがきに書くこと 喪中はがきに必ず盛り込む内容は 喪中のため新年の挨拶を遠慮することと、そのお詫び 今年中のご厚誼への感謝と来年も変わらぬご厚誼の依頼 の2点です。 家族葬・密葬などで死亡通知をまだ出していなかったり、死亡通知が行き届いていない人に届ける場合は、 誰が亡くなったのか。差出人と故人との続柄 いつ亡くなり、いつ葬儀を執り行ったか など、故人に関する詳細なことも記載してもよいです。 喪中はがきに書いてはいけないこと 喪中はがきは喪に服しているため、お祝い事を辞退する年賀欠礼の挨拶です。そのため おめでとうございます 年賀 お慶び などお祝いの言葉を書かないように注意しましょう。 また、喪中はがきは年賀欠礼に関するもの以外は書いてはいけません。そのため、近況報告などは書かないようにしましょう。 11月中〜12月初旬に届くように出す 喪中はがきは11月中から、遅くとも12月初旬には相手に届くように郵送します。 これは相手が年賀状の準備をする前に喪中であることをお知らせして、相手も年賀状の準備をしたり出してしまったりすることを防ぐための心遣いです。 まとめ 喪中の人は年賀状を出さずに喪中はがきを出す 周囲の人も喪中の人へは年賀状を出さずに寒中見舞いを出す 喪中はがきは11月中〜12月初旬までに届くように出す ↓早めの喪中はがきの準備は安くて簡単な「いんさつどっとねっと」↓