Pocket

お坊さんとして得度する前には、実はテニスコーチとして働いていました。
かなりのハードワークで薄給でしたが、人の健康に関われる仕事として、それなりのやり甲斐を持っていました。
ある理由があって辞めたのですが、その時期に偶然お寺から「得度しないか?」とお話をいただいて今に至ります。

当初は全く違う世界の話なので、ちょっと戸惑いました。30歳で既婚で、1からではなく0からのスタートなので。
お経や儀礼が分からないのはもちろんでしたが、当初の問題は「仏教独特の価値観が分からない」事でした。
仕事をして結果を出すことを良しとして、話し合いなども効率的に理路整然とやる事が当たり前だった身にとっては、お坊さんの世界は何ともユッタリ…、悪く言えばユルい感じがしました。

色んな事に対して許容範囲が広く、「それオッケーなんや??」みたいな事がたくさんありました。
実際お寺で生まれ育ったクラスメート達も「えっ???」と言った発言や行動が多く、当初は本当に戸惑いました。

しかし、仏教の成り立ちや教義の勉強を進めていくにつれ、「あー、なるほど。こう言うことだったんやね」みたいな事がたくさんあり、理解出来ました。

端的に言うと、とにかく大事なことの優先順位が、生きている間の事ではないのです。
“死んだ後どうなるか?”と言う話なのです。「後生の一大事」なのです。
そこに対してどういった生き方をしていくか? が仏教なんですね。

ずいぶんと観念的な話なんですが、僕もそうやってボンヤリと理解ができてきました。
卒業後はお寺でお手伝いをしながら、アルバイトでテニスコーチも続けました。
二つは全く違う様で似た所も多く、お互いの考え方を補完しあうような事もありました。
ただ、普通にビックリされましたが(笑)

面白いもんで、お坊さん関係の人にテニスやってる事を話しても驚かれないのですが、テニス関係の人にお坊さんの話をすると驚かれるます(笑)
何だか浮世離れして、ただ粛々と修行とお参りをしているイメージなんでしょうね。
その世間とのイメージの差は本当に身にしみて感じました。

お坊さんの日々の暮らしの厳しさや面白さ(?)は、本当に体験してみないと分からないです。

Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2014/12/obousan-tennis.gifhttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2014/12/obousan-tennis-300x300.gifタッキーテニスコーチでお坊さんですがなにか?
お坊さんとして得度する前には、実はテニスコーチとして働いていました。 かなりのハードワークで薄給でしたが、人の健康に関われる仕事として、それなりのやり甲斐を持っていました。 ある理由があって辞めたのですが、その時期に偶然お寺から「得度しないか?」とお話をいただいて今に至ります。 当初は全く違う世界の話なので、ちょっと戸惑いました。30歳で既婚で、1からではなく0からのスタートなので。 お経や儀礼が分からないのはもちろんでしたが、当初の問題は「仏教独特の価値観が分からない」事でした。 仕事をして結果を出すことを良しとして、話し合いなども効率的に理路整然とやる事が当たり前だった身にとっては、お坊さんの世界は何ともユッタリ…、悪く言えばユルい感じがしました。 色んな事に対して許容範囲が広く、「それオッケーなんや??」みたいな事がたくさんありました。 実際お寺で生まれ育ったクラスメート達も「えっ???」と言った発言や行動が多く、当初は本当に戸惑いました。 しかし、仏教の成り立ちや教義の勉強を進めていくにつれ、「あー、なるほど。こう言うことだったんやね」みたいな事がたくさんあり、理解出来ました。 端的に言うと、とにかく大事なことの優先順位が、生きている間の事ではないのです。 “死んだ後どうなるか?”と言う話なのです。「後生の一大事」なのです。 そこに対してどういった生き方をしていくか? が仏教なんですね。 ずいぶんと観念的な話なんですが、僕もそうやってボンヤリと理解ができてきました。 卒業後はお寺でお手伝いをしながら、アルバイトでテニスコーチも続けました。 二つは全く違う様で似た所も多く、お互いの考え方を補完しあうような事もありました。 ただ、普通にビックリされましたが(笑) 面白いもんで、お坊さん関係の人にテニスやってる事を話しても驚かれないのですが、テニス関係の人にお坊さんの話をすると驚かれるます(笑) 何だか浮世離れして、ただ粛々と修行とお参りをしているイメージなんでしょうね。 その世間とのイメージの差は本当に身にしみて感じました。 お坊さんの日々の暮らしの厳しさや面白さ(?)は、本当に体験してみないと分からないです。