Pocket

日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」によると全国の葬儀費用の平均額は約189万円です。
葬儀社のパンフレット等で見る葬式の平均費用は大体が日本消費者協会のアンケート調査を引用しています。

しかし、「みんながどれくらい葬儀にお金をかけているのか?」という疑問に対して、費用の平均値というデータは必ずしも役に立つデータではありません。
平均所得額と同じく中央値のほうが葬儀費用の実態を知るには適していると言えます。

人口100人の集落で、90人が年収200万円だとしても、10人が年収5000万円であれば平均年収は680万円となってしまい、実態と大きくかけ離れることになる。

中央値 –   Wikipedia

つまり、葬儀費用に関しても平均値は大規模な葬儀に引っ張られる形で平均値がつり上がっているです。
実際に葬儀社の人の多くは日本消費者協会のアンケート調査の平均額について実態よりもかなり高いという印象を持っているようです。

実際のところ、一般的な葬儀にかかる平均費用は120万~150万円程度と言われています。
近年は家族葬などの需要の高まりで葬儀の小規模化が進んでおり、費用も更に安くなってきています。

葬儀で不安に感じている事のダントツは葬儀の費用に関することと言われています。 「一体いくらくらいかかるのか?」「お布施はいくら包めばいいのか?」など葬儀の費用に関する全てを徹底的
Pocket

おさる
日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」によると全国の葬儀費用の平均額は約189万円です。 葬儀社のパンフレット等で見る葬式の平均費用は大体が日本消費者協会のアンケート調査を引用しています。 しかし、「みんながどれくらい葬儀にお金をかけているのか?」という疑問に対して、費用の平均値というデータは必ずしも役に立つデータではありません。 平均所得額と同じく中央値のほうが葬儀費用の実態を知るには適していると言えます。 人口100人の集落で、90人が年収200万円だとしても、10人が年収5000万円であれば平均年収は680万円となってしまい、実態と大きくかけ離れることになる。 中央値 -   Wikipedia つまり、葬儀費用に関しても平均値は大規模な葬儀に引っ張られる形で平均値がつり上がっているです。 実際に葬儀社の人の多くは日本消費者協会のアンケート調査の平均額について実態よりもかなり高いという印象を持っているようです。 実際のところ、一般的な葬儀にかかる平均費用は120万~150万円程度と言われています。 近年は家族葬などの需要の高まりで葬儀の小規模化が進んでおり、費用も更に安くなってきています。 http://memories-in-time.net/osoushiki-hiyou/