Pocket

まず、喪章は遺族側が身に付けるものなので、参列者側が身につけてはなりません。出先で喪服がないからといって身につけないわけではありません。

また、殺生を連想させる毛皮のマフラーやコートなどはNGです。

女性の場合、化粧は派手すぎない自然なもので、素足はNGなので黒のストッキングを履くようにします。

喪服などに限らず光沢のあるものは弔事では避けるようにします。
アクセサリーも同様ですが、涙の象徴とされるパールだけは例外です。
パールを身に付ける場合は一連のものを使用します。
二連のものは不幸が重なることを連想させるためです。

現代では葬儀全体の流れの中で「お通夜」がとても重要な役割になってきています。最も参加することの多い儀式なので、お通夜のマナーや服装のポイントをしっかり押さえておきましょう!
告別式とは 告別式の歴史 告別式の歴史は意外に新しく、明治から始まっています。まずは簡単に告別式の歴史を振り返ってみましょう。 明治に
Pocket

おさる
まず、喪章は遺族側が身に付けるものなので、参列者側が身につけてはなりません。出先で喪服がないからといって身につけないわけではありません。 また、殺生を連想させる毛皮のマフラーやコートなどはNGです。 女性の場合、化粧は派手すぎない自然なもので、素足はNGなので黒のストッキングを履くようにします。 喪服などに限らず光沢のあるものは弔事では避けるようにします。 アクセサリーも同様ですが、涙の象徴とされるパールだけは例外です。 パールを身に付ける場合は一連のものを使用します。 二連のものは不幸が重なることを連想させるためです。 http://memories-in-time.net/otsuya-manner/ http://memories-in-time.net/sougi-kokubetsushiki-manner/