Pocket

お通夜は昔は取り急ぎかけつけるという意味で、平服が好ましいとされてきていました。
しかし現在では、一般会葬者にとっての最後の別れの場という意味合いが強くなってきており、喪服を着用することが一般的となっています。

現代では葬儀全体の流れの中で「お通夜」がとても重要な役割になってきています。最も参加することの多い儀式なので、お通夜のマナーや服装のポイントをしっかり押さえておきましょう!
Pocket

おさる
お通夜は昔は取り急ぎかけつけるという意味で、平服が好ましいとされてきていました。 しかし現在では、一般会葬者にとっての最後の別れの場という意味合いが強くなってきており、喪服を着用することが一般的となっています。 http://memories-in-time.net/otsuya-manner/