Pocket

法事・法要では僧侶に包むお金は以下の通りです。

  • 読経=お布施
  • お車代(僧侶が自分の足で来たときの交通費)
  • 御膳料(僧侶がお斎を辞退したときの食事代)
  • 卒塔婆料(卒塔婆を立てる場合)

法事・法要のお布施は一般的には3万〜5万円です。お車代や御膳料は5,000円から1万円が多く、卒塔婆は数千円程度で金額は住職から明示されるはずです。

また、一般的には四十九日法要で納骨を行う事が多く、その場合は納骨式も同時に行っていますが、納骨式のお布施を別に包む必要はなく、一緒のお布施に包むようにします。納骨式のお布施は1万〜3万円程度です。
また、お寺へ包むお金ではないですが、石材店などにカロートを開いてもらう場合は寸志を渡す場合もあり、5,000円〜1万円程度を渡します。

お墓を新しく作った場合は納骨式のタイミングでお墓の開眼供養(魂入れ)を行います。
開眼法要も3万〜5万円ほど払うのが一般的です。

したがって、四十九日法要と納骨式と開眼供養を行う場合は基本的にはそれらのお布施を合算するような感覚で金額を決めることになります。
詳しい金額は檀家総代や他の檀家に聞いてみたり、住職に聞いてみるようにしましょう。

Pocket

おさる
法事・法要では僧侶に包むお金は以下の通りです。 読経=お布施 お車代(僧侶が自分の足で来たときの交通費) 御膳料(僧侶がお斎を辞退したときの食事代) 卒塔婆料(卒塔婆を立てる場合) 法事・法要のお布施は一般的には3万〜5万円です。お車代や御膳料は5,000円から1万円が多く、卒塔婆は数千円程度で金額は住職から明示されるはずです。 また、一般的には四十九日法要で納骨を行う事が多く、その場合は納骨式も同時に行っていますが、納骨式のお布施を別に包む必要はなく、一緒のお布施に包むようにします。納骨式のお布施は1万〜3万円程度です。 また、お寺へ包むお金ではないですが、石材店などにカロートを開いてもらう場合は寸志を渡す場合もあり、5,000円〜1万円程度を渡します。 お墓を新しく作った場合は納骨式のタイミングでお墓の開眼供養(魂入れ)を行います。 開眼法要も3万〜5万円ほど払うのが一般的です。 したがって、四十九日法要と納骨式と開眼供養を行う場合は基本的にはそれらのお布施を合算するような感覚で金額を決めることになります。 詳しい金額は檀家総代や他の檀家に聞いてみたり、住職に聞いてみるようにしましょう。