Pocket

現在では通夜の服装は喪服を着て行くことが一般的です。

元々通夜は訃報を受けてから、時間がなく取り急ぎで駆けつけるものなので平服が一般的で、逆に喪服だと「死の準備をしていたようだ」ということで不適切とされていました。
しかし、現在では伝達手段や保存技術も発達して時間にも余裕があり、通夜は故人と一般会葬者の最後の別れの場の性格が強くなったため、喪服を着て行くことが一般的となったのです。

現代では葬儀全体の流れの中で「お通夜」がとても重要な役割になってきています。最も参加することの多い儀式なので、お通夜のマナーや服装のポイントをしっかり押さえておきましょう!
Pocket

おさる
現在では通夜の服装は喪服を着て行くことが一般的です。 元々通夜は訃報を受けてから、時間がなく取り急ぎで駆けつけるものなので平服が一般的で、逆に喪服だと「死の準備をしていたようだ」ということで不適切とされていました。 しかし、現在では伝達手段や保存技術も発達して時間にも余裕があり、通夜は故人と一般会葬者の最後の別れの場の性格が強くなったため、喪服を着て行くことが一般的となったのです。 http://memories-in-time.net/otsuya-manner/