Pocket

sougi-yasuku

葬儀を安くする方法

日本の葬儀費用の平均額

会食や返礼品などに使う飲食接待費やお寺に支払うお布施などの費用がかかっていますが、やはり最も大きいのは葬儀そのもの費用です。日本消費者協会による「第10回 葬儀に関するアンケート調査」によると葬儀社に支払う費用の平均額は約122万円です。そして、飲食費やお布施なども含めた葬儀全体の平均費用は約189万円にのぼります。

葬儀費用は年々減少傾向にあるとはいえ、まだまだ高額な費用がかかることに変わりはありません。

葬儀社に支払う費用

葬儀社に支払う費用とはどのような内容なのでしょうか。例えば、病院から自宅、自宅から葬儀会場までの遺体の搬送費用や遺体が傷まないようにするためのドライアイスの費用、葬儀に必要な祭壇費用や棺代、司会進行などの人件費、各種手続き代行など、一般的な仏式の葬儀を行うにあたって様々な費用が発生します。

追加費用の落とし穴

お葬式では最初に葬儀社に提示された金額よりも、終わってみたら請求額が多くなっていたということも少なくありません。金額が大きくなる原因としては、火葬料や斎場利用料など、葬儀社のサービスではない部分の費用が含まれておらず、最初に提示された金額だけでは一般的な葬儀を行うことができないというものや、祭壇の大きさを大きくしたり、花の量を増やしたりなど、葬儀のオプションの積み重ねで葬儀費用が膨れ上がることなどが主な原因です。

もちろん、故人や遺族の希望に沿った葬儀を作り上げるために、オプションサービスのようなきめ細やかなサービスも必要ですが、中には親しい人を亡くしたショックと忙しい葬儀の準備野中で勧められるがままにオプションを追加してしまうようなケースもあります。

何よりも大事なのは、最終的な葬儀費用の見積もりをきちんともらうことです。酷いケースでは見積もりではなく、葬儀費用のパンフレットだけで契約まで行うようなケースも依然としてあるので、見積もりをしっかりと確認することを徹底しましょう。

定額葬儀サービスで安いお葬式を行う

登場した定額葬儀サービス

現在、「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」、「シンプルなお葬式」などは追加費用のいらない定額葬儀サービスを行っています。さらに、これらは葬儀の平均金額よりもはるかに安い価格帯のものが中心となっています。このような葬儀プランが可能になったのは、「小さなお葬式」や「イオンのお葬式」、「シンプルなお葬式」は近年人気のある基本的に身内のみの家族葬や、火葬のみの直葬などに絞ったプランになっているからです。さらに、実際に葬儀を行う地域の葬儀社が広告宣伝費をかけることなく売上を作ることが可能なことも大きな要因です。

各社の料金の比較や違うポイントなどは以下の記事をご参照ください。

どっちがいいの?「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」徹底比較!

格安定額葬儀「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」徹底比較

定額葬儀プランのメリット・デメリット

定額葬儀プランのメリットは次の通りです。

  • 葬儀費用がとにかく安い
  • 追加費用なしで葬儀が可能
  • 身内のみで静かに葬儀を行うことができる

逆に定額葬儀プラン特有のデメリットもあります。

  • 大勢の参列者が来る葬儀は小さなお葬式を除き、基本的にできない
  • 少人数の葬儀や従来の葬儀とは違う形式の葬儀を行ったことを親戚などに責められる可能性がある
  • 身内のみで行った結果、呼ばれなかったことを責められる可能性がある

言い換えると、定額葬儀プランを行うためには周囲の理解を得る必要があります。もっとも、身内のみで行う家族葬は今や葬儀の主流とも言える勢いです。定額葬儀サービスだけでなく、一般の葬儀社においても、家族葬のプランが充実しているのです。

小さなお葬式の資料請求はこちらから

希望エリアの葬儀社から安いプランを探す

地域の葬儀社から安いプランを探すには「見積もり比較」が大事

全国均一の定額葬儀プランのほかにも、地域の葬儀社に依頼する方法もあります。

亡くなってからでは検討する時間もないので、地域の葬儀社は何よりも事前の下調べが何よりも重要です。プランの内容や価格を確認するために、見積もりをもらうことが何よりも重要です。

葬儀社の見積もりを一括請求する

とはいえ、地域の葬儀社を一社一社訪れて、見積もりをもらうのは大変な労力です。そこで一括資料請求サービスを行うのがオススメです。

日本最大級の葬儀情報サイト「葬儀レビ」が行っている一括資料請求では、厳しい基準をクリアした全国400社の葬儀社から最大10社の葬儀社の見積もりを一括請求することができ、内容を比較検討することが可能となっています。

利用料は完全無料24時間スタッフが待機しているのでお急ぎの場合でも安心です。

  • 登録されているのは全国の優良葬儀社400社
  • 希望葬儀エリアから最大10社の見積もりを一括請求
  • 利用料は完全無料
  • 24時間365日スタッフが待機しているのでお急ぎのときでも安心
  • 葬儀社への手配も可能

入力はすぐに終わるので、まずは自分が希望するエリアでどのような葬儀があるか、葬儀費用はどのくらいかかるのか、ということを事前に調べてみましょう!



Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/12/sougi-yasuku-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/12/sougi-yasuku-150x150.jpgおさる葬儀のこと
葬儀を安くする方法 日本の葬儀費用の平均額 会食や返礼品などに使う飲食接待費やお寺に支払うお布施などの費用がかかっていますが、やはり最も大きいのは葬儀そのもの費用です。日本消費者協会による「第10回 葬儀に関するアンケート調査」によると葬儀社に支払う費用の平均額は約122万円です。そして、飲食費やお布施なども含めた葬儀全体の平均費用は約189万円にのぼります。 葬儀費用は年々減少傾向にあるとはいえ、まだまだ高額な費用がかかることに変わりはありません。 葬儀社に支払う費用 葬儀社に支払う費用とはどのような内容なのでしょうか。例えば、病院から自宅、自宅から葬儀会場までの遺体の搬送費用や遺体が傷まないようにするためのドライアイスの費用、葬儀に必要な祭壇費用や棺代、司会進行などの人件費、各種手続き代行など、一般的な仏式の葬儀を行うにあたって様々な費用が発生します。 追加費用の落とし穴 お葬式では最初に葬儀社に提示された金額よりも、終わってみたら請求額が多くなっていたということも少なくありません。金額が大きくなる原因としては、火葬料や斎場利用料など、葬儀社のサービスではない部分の費用が含まれておらず、最初に提示された金額だけでは一般的な葬儀を行うことができないというものや、祭壇の大きさを大きくしたり、花の量を増やしたりなど、葬儀のオプションの積み重ねで葬儀費用が膨れ上がることなどが主な原因です。 もちろん、故人や遺族の希望に沿った葬儀を作り上げるために、オプションサービスのようなきめ細やかなサービスも必要ですが、中には親しい人を亡くしたショックと忙しい葬儀の準備野中で勧められるがままにオプションを追加してしまうようなケースもあります。 何よりも大事なのは、最終的な葬儀費用の見積もりをきちんともらうことです。酷いケースでは見積もりではなく、葬儀費用のパンフレットだけで契約まで行うようなケースも依然としてあるので、見積もりをしっかりと確認することを徹底しましょう。 定額葬儀サービスで安いお葬式を行う 登場した定額葬儀サービス 現在、「小さなお葬式」と「イオンのお葬式」、「シンプルなお葬式」などは追加費用のいらない定額葬儀サービスを行っています。さらに、これらは葬儀の平均金額よりもはるかに安い価格帯のものが中心となっています。このような葬儀プランが可能になったのは、「小さなお葬式」や「イオンのお葬式」、「シンプルなお葬式」は近年人気のある基本的に身内のみの家族葬や、火葬のみの直葬などに絞ったプランになっているからです。さらに、実際に葬儀を行う地域の葬儀社が広告宣伝費をかけることなく売上を作ることが可能なことも大きな要因です。 各社の料金の比較や違うポイントなどは以下の記事をご参照ください。 https://memories-in-time.net/chiisanaososhiki-aeon/ https://memories-in-time.net/chiisana-simple/ 定額葬儀プランのメリット・デメリット 定額葬儀プランのメリットは次の通りです。 葬儀費用がとにかく安い 追加費用なしで葬儀が可能 身内のみで静かに葬儀を行うことができる 逆に定額葬儀プラン特有のデメリットもあります。 大勢の参列者が来る葬儀は小さなお葬式を除き、基本的にできない 少人数の葬儀や従来の葬儀とは違う形式の葬儀を行ったことを親戚などに責められる可能性がある 身内のみで行った結果、呼ばれなかったことを責められる可能性がある 言い換えると、定額葬儀プランを行うためには周囲の理解を得る必要があります。もっとも、身内のみで行う家族葬は今や葬儀の主流とも言える勢いです。定額葬儀サービスだけでなく、一般の葬儀社においても、家族葬のプランが充実しているのです。 希望エリアの葬儀社から安いプランを探す 地域の葬儀社から安いプランを探すには「見積もり比較」が大事 全国均一の定額葬儀プランのほかにも、地域の葬儀社に依頼する方法もあります。 亡くなってからでは検討する時間もないので、地域の葬儀社は何よりも事前の下調べが何よりも重要です。プランの内容や価格を確認するために、見積もりをもらうことが何よりも重要です。 葬儀社の見積もりを一括請求する とはいえ、地域の葬儀社を一社一社訪れて、見積もりをもらうのは大変な労力です。そこで一括資料請求サービスを行うのがオススメです。 日本最大級の葬儀情報サイト「葬儀レビ」が行っている一括資料請求では、厳しい基準をクリアした全国400社の葬儀社から最大10社の葬儀社の見積もりを一括請求することができ、内容を比較検討することが可能となっています。 利用料は完全無料で24時間スタッフが待機しているのでお急ぎの場合でも安心です。 登録されているのは全国の優良葬儀社400社 希望葬儀エリアから最大10社の見積もりを一括請求 利用料は完全無料 24時間365日スタッフが待機しているのでお急ぎのときでも安心 葬儀社への手配も可能 入力はすぐに終わるので、まずは自分が希望するエリアでどのような葬儀があるか、葬儀費用はどのくらいかかるのか、ということを事前に調べてみましょう!