イスムの「飾れる仏像」

イスムが提案する「飾れる仏像」

店長のおすすめポイント!

イSム(イスム)は、日本人が大切に守ってきた仏像を、現代のライフスタイルの中に再現するブランドです。美しいインテリアとしても、心を豊かにする美術品としても暮らしの中に溶け込む仏像を納得のクオリティで提供してくれるイスム。
イスムが提案する「飾れる仏像」は、ミニ仏壇などと共に、あなたが心癒やされる空間を作り出すお手伝いをしてくれるのではないでしょうか。
S-Class・スタンダード・TanaCOCORO[掌]の3シリーズがあり、てのひらサイズから迫力のサイズまで幅広く展開しているので、飾りたい場所や使用シーンに合わせてお選びいただけます。

イスム シリーズのご紹介

イSム S-CLASS

迫力のサイズと緻密な再現に挑む、イスムの最上位モデル。

イSム S-CLASS 阿修羅

イSム Standard

空間に広がりを、佇まいに深みをもたらす迫真の造形。

イSム Standard 伝如意輪観音

イSム TanaCOCORO[掌]

20センチサイズに凝縮された本物志向のクオリティ。

イSム TanaCOCORO[掌] 弥勒菩薩

イスムのこだわり

◆イスム こだわりの素材

素材

イスムの仏像は、石粉と合成樹脂を混ぜた「ポリストーン」と呼ばれる素材を使用しています。石の重量感と繊細な表現力とを兼ね備えた、いわば究極の素材。顔料や箔ののりもよく、微妙な表情を生み出すのに適しています。気温や湿度、使用部位によって石粉と樹脂の配合を変え、より丈夫で細かいパーツを追究。ものづくりに一切の妥協をしない――それがイスム流です。

◆イスム こだわりの製法

原型

すべてのクオリティを決めるカギとなる第一歩。 原型の完成に要するのは2~5か月ほど。緻密な計算と経験に基づく技術を用いて 実物に忠実に、かつ細かなデフォルメを加え再現性を高め、納得いくまで造り込む――仏像への深い想いと探究心を持ち続けるイスムだからこそなし得る「本物」を感じる造型です。

型抜

型抜きには、細かい表現力に優れたシリコン型を使用します。やわらかい素材だけにその取り扱いも難しく、金型とは違って一つの型から30個 ほどしか抜くことができないものもある、大量生産には程遠い「手作業」の現場です。 一つひとつのパーツを丁寧にカタチにしていきます。

磨き/組立

磨きもまた欠かせない大切な工程。 細かなパーツも一つずつ丁寧に幾度も磨きあげる時間と労力が、像のクオリティを左右します。滑らかにしたパーツは決められた角度で組み上げられます。像の印象を決定づける重要なこの工程で、完璧な造形美の再現を目指します。

彩色

最も手間ひまのかかる工程です。 顔料から金箔まで多種多様な表現方法を用い、千年以上にも及ぶ「像の歴史」を復元していきます。 特に仕上がりの決め手となる「眼」の彩色は非常に高い技術を必要とし、 イスムの職人たちの中でもたった一人にしか許されない、まさに「聖域」と呼ぶべき工程です。

商品ラインナップ

イSム S-CLASS

◆イスム S-Classの商品ラインナップ

イSム Standard

◆イスム スタンダードの商品ラインナップ

イSム TanaCOCORO[掌]

◆イスム TanaCOCORO[掌]の商品ラインナップ


アフターサービス

注目記事ピックアップ

特集ページ

お知らせ

HOMEへ ここをクリックで問い合わせページへ
閉じる