知らないと恥をかく!押さえておくべきお通夜マナーの新常識

おさるくん

今の時代は葬儀全体の流れの中で「お通夜」がとても重要な役割になってきているよ。最も参加することの多い儀式なので、お通夜のマナーや服装のポイントをしっかり押さえておこうね!



大まかな通夜の歴史

  • 由来は亡くなったお釈迦様を囲って弟子たちが一晩中語り合ったことから
  • 遺体の腐敗や匂い消しのために夜通しで香を炊き続けるという必要性もあった
  • 保存技術が進化し、簡素化して夜通しではなく1~2時間の「半通夜」になった
  • 様々な事情で葬儀・告別式に参加しづらくなったため、「お通夜」にのみ参列することが多くなった
昔は地域に親類縁者や関係者が集まり、地域が葬儀を執り行っていましたが、現在では社会の変化で、主に「家」が葬儀を執り行うようになり、関係者も全国各地に散らばっている事が多く、葬儀・告別式に参加することが困難になってきています。そのため、親戚やごく親しい友人・知人を除き、一般会葬者は「お通夜」にのみ参列する傾向が高くなってきたのです。



基本的にはお通夜だけ出れば良い

最近ではお通夜にだけ参列する人が増えてきています。「葬儀・告別式」は日中行われるもので参加が難しい場合も多いので、前述の通りお通夜が告別式が持っていた追悼の役割を負うようになってきているのです。そのため、葬儀に出席すべき親族や、どうしても告別式に参加したい近しい友人・知人など以外は、お通夜にのみ参列するというのが一般的です。

また、これは葬儀関係全般に言えることですが、地域や家、宗旨・宗派ごとに考え方が異なっているので、確認できるならしておくべきです。

葬儀・告別式に出る時はお通夜も出ないといけない?

では、例えばあなたが故人と生前とても仲がよく、葬儀・告別式に出席したいと考えていた時、お通夜にも出る必要があるのかという事があります。結論から言うとこれは「どちらか片方だけで大丈夫」で、もちろん「両方出ても大丈夫」です。
現在では前述した通夜の変化や、葬儀と告別式が一体となっていることからも、昔とはそれぞれの儀式が持つ意味合いがだいぶ変わってきました。昔からの方法を意識した厳格な葬儀でもない限り、自分のスケジュールにあわせて出席するようで大丈夫です。



一番の悩みどころ「恥をかかないためのお通夜の服装」!

mohuku

本来は平服だったが、今では基本は略装喪服で良い

本来お通夜は、訃報を受けてから時間なく行われるものなので平服でも良い、また通夜前の弔問のように喪服だと死を準備していたと思われて逆に不適切とも言われていました。ですが、今ではお通夜のみに参列する人が増え、お通夜が故人との最後の別れの場になってきており、喪服を着用することが一般的です。

お通夜に参列する際の服装ですが、深く考えずに冠婚葬祭用のブラックスーツ・ブラックフォーマルを着て行けば問題ありません。
もちろんネクタイも靴下も靴も黒で揃える必要があるのは言うまでもありません。金具類(ネクタイピン、結婚指輪以外の指輪、靴の飾り等)は避けるようにしましょう。

喪服の基本ルールは 遺族≧参列者

実は和服は避けたほうが良いです。葬儀や法事を通して「遺族・親族よりも格式が上の喪服を着てはならない」という決まりがあります。
そして、最近では喪主や遺族も準喪服であるブラックスーツやブラックフォーマルを着ることが多いので、それよりも格上になる正式喪服は参列者は着ることはありません。



身につけてはダメなモノ

喪章は遺族がつけるもの

出先で喪服が用意できなかったなどの理由で喪章をつけて参加すればいいのかという質問もありますが、喪章は遺族が身に付けるものなので参列者がつけてはいけません。
出先の場合は派手な服装を避けて平服で向かうようにしましょう。本来的な意味合いでは平服でも大丈夫ですが、「失礼だ」と誤解されることも多いので、突然で用意できなかった旨をしっかりと伝えるようにしましょう。

殺生を連想させるものはNG

男女とも殺生を連想させる毛皮のマフラーやコートも身に着けてはいけません。

メイクは自然に、肌の露出はNG

女性の場合、メイクは派手にせずあくまでも自然なもので、マニキュアや香水はつけないのが礼儀です。
ストッキングは黒を着用し、素足では行かないようにします(肌の露出はNG)。

アクセサリー類は注意 一連のパールはOK

結婚指輪以外のアクセサリーは着用しないのがマナーですが、唯一の例外はパールのネックレスです。パールは「涙の象徴」なので失礼には当たらないとされています。

ただしパールのネックレスをつける場合、二連のものは絶対につけてはいけません。
二連のものは「重なる」という意味合いがあり、お通夜や葬儀・告別式の場にふさわしくないからです。



当日慌てないための「お通夜の流れ」

お通夜で必要なもの

基本的にはお通夜で必要なのは以下のものです。

  • 喪服 (ブラックスーツ・ブラックフォーマル)
  • 香典 (新札でないお札を香典袋に入れ、さらに袱紗ふくさに包み持参する)
  • 数珠 (自分の宗派のもの・必ずしも必要ではない)
それぞれの詳細は以下のページで確認してください。

葬儀・法事で恥をかかないための服装・喪服マナーまとめ 知っておきたい!香典の金額・渡し方・香典袋の書き方 すべてわかる!「数珠」の意味、持ち方、選び方




会場についたら

最近のお通夜は自宅ではなく斎場のような場所で行われることが多いですが、参列する場合は斎場の係員の誘導に従います。基本的な流れは次のとおりです。

  1. 受付にて簡単にお悔やみの言葉を述べる
  2. お香典を渡し、芳名帳に記帳をする
  3. 柩が安置されていて祭壇のある部屋へ入りお焼香を行う
  4. 通夜振る舞い(地域によっては無いことも)

お悔やみの言葉の例

お通夜に駆け付けて遺族と対面した時、一体どのような声を掛けて良いのかわからなくなることがあると思います。
一般的には「この度はご愁傷様です」というのがよく使われるフレーズですが、妙に形式ばっているところもあって言いにくいという人もいるでしょう。
そのような場合は「本当に急なことでびっくり致しました」「●●さんには本当に親しくして(よくして、お世話して)頂いて・・・」「・・・非常に残念です」というような表現が比較的使いやすいでしょう。
出来れば最後に「何かお手伝い出来ることがあれば(困ったことがあれば)いつでもお声掛け下さいね」のようなことを付け加えると良いかもしれません。

お悔やみの言葉 ポイントと例文集


お焼香の作法

お焼香の作法は地域や宗派によって多少異なりますが、基本的には以下のとおりです。


  1. 遺族・親族に一礼
  2. 祭壇に向かって一礼した後に合掌
  3. 「香炉の右側にある抹香を右手の親指と人差し指、中指の3本でつまみながら手を返して目の高さまで持ち上げ」「香炉の左側の少し上まで下げ、指をこすりながら抹香を落とす」という動作を3回行い、合掌
  4. 再度祭壇、遺族・親族の順に一礼をして退場(もしくは元の場所に戻る)
という流れになります。
ただし最初の合掌が省略されたり、人数が多い時は3回お焼香をするところを1回のみにすることなどもありますので、指示に従ったり周囲の人に合わせるなどして臨機応変にするべきでしょう。

お焼香についてさらに詳しく知りたいときは下記の記事をお読みください。
知っておきたいお焼香の仕方・やり方、回数、焼香順位

動画でお焼香の作法をみてみよう!


通夜振る舞いは断らずに頂くのがマナー

お焼香をした後はいわゆる「通夜振る舞い」といって食事やお酒、お茶などを勧められることがあります。
これは故人を供養する意味合いのあるものですので、断らずに頂くのがマナーです。
実際に食べなくても良いので、せめて割り箸を割って食べ物を少量取り分け箸をつけたり、飲み物をひと口くらいは頂くようにしましょう。
また地域によってはお持ち帰りをする形のところもあります。

まとめ

  • 一般的にはお通夜にのみ出席することが多い。(告別式は一般的に家族・親族とごく親しい人のみ。)
  • 喪服はブラックスーツ・ブラックフォーマルで良い
  • 香典は受付に渡す。受付がない場合は喪主・遺族に渡す。
  • 焼香のやり方がよく分からない場合は周りに合わせよう



この記事も読むといいよ!

葬儀の依頼・相談・資料請求は小さなお葬式へ!24時間365日受付

0120-701-754

資料請求で5,000円割引!