Pocket

臨海斎場の料金について

臨海斎場の料金一覧表

臨海斎場の火葬料金

臨海斎場の火葬料金は以下の通りです。

火葬の利用区分 組織区住民 組織区外住民
12歳以上 34,500円 70,000円
12歳未満 21,000円 42,000円
胎児 9,000円 18,000円
改葬遺骨 18,000円 36,000円
人体の一部 7,500円 15,000円
分骨 2,000円 6,000円
骨標本 36,000円

臨海斎場の施設利用料

臨海斎場の各施設の利用料です。なお、葬儀式場は臨海斎場で火葬を行わない場合は利用できません。

臨海斎場の施設 組織区住民 組織区外住民
葬儀式場 56,000円 170,000円
会葬者控室 30,000円 90,000円
遺族等控室 14,000円 42,000円
火葬待合室 20,000円 60,000円
柩保管(24時間毎) 3,000円 10,000円
面会室 無料

一般的には通夜・告別式を行う葬儀式場、会葬者の控室・通夜振る舞いや精進落としなどの会食を行う会葬者控室遺族等控室を葬儀では利用することになります。これらの合計は組織区住民は100,000円、組織区外住民は302,000円と3倍近い差があります。

臨海斎場の各種手数料

臨海斎場の施設 組織区住民 組織区外住民
火葬証明書 300円
分骨証明書

臨海斎場の使用料について

臨海斎場を安く利用できる「組織区住民」

臨海斎場は港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区が組織しています。これらの組織区住民はお得な価格で火葬、葬儀、遺体安置を行うことができます。

この組織区住民料金が適用されるのは、以下のいずれかを満たしている場合です。

  1. 故人が組織区に住所を有していた場合
  2. 喪主が組織区に住所を有している場合(ただし、喪主が故人の二親等以内の親族に限る。)

②の喪主の住所で組織区住民料金を適用する場合は、故人との続柄確認のために戸籍抄本もしくは戸籍謄本と、住民登録地がわかるものを提出する必要があります。

逆に、東京都内であってもこれらの条件を満たさない場合は、組織区外住民の料金が適用されます。

臨海斎場と民間の火葬場併設斎場との比較

東京都23区内は公営の火葬場がほとんどなく、民営の東京博善が都内の火葬を担ってきました。現在、町屋斎場、四ツ木斎場、落合斎場、堀ノ内斎場、桐ヶ谷斎場、代々幡斎場の6つの火葬場併設斎場を運営しています。もちろん、民営なので利用者の住所地は関係なく、どの斎場でも一律料金で利用できます。

以下は火葬料金と式場利用料金と遺体の冷蔵安置を臨海斎場と東京博善系列の斎場との比較です。東京博善は火葬料金は最も安い最上等(星)の料金で、式場使用料については臨海斎場は葬儀式場と会葬者控室と遺族等控室、東京博善はどの斎場にもある最も安いプラン式場「雪」と休憩室「星の間」の合計です。

区分 臨海斎場(組織区内料金) 臨海斎場(組織区外料金) 東京博善
火葬料金 34,500円 70,000円 59,000円
式場使用料金 100,000円 302,000円 266,760円
遺体安置(冷蔵) 3,000円 10,000円 8,100円

利用条件などが細部で異なるものの、大雑把に見ると組織区外の住民であれば民間の東京博善系列の斎場を利用したほうが安くなる場合が多いようです。組織区外の住民は公営だからといって無理に臨海斎場を利用せずに近隣の火葬場・斎場を利用するほうが良いでしょう。逆に、組織区住民にとって臨海斎場は葬儀費用が非常にお得になる便利な斎場なので積極的に利用したいところです。

使用料の支払い

使用当日に全額を現金で支払う必要がありますが、一般的には葬儀社が代わりに臨海斎場に支払い、後日に葬儀費用を葬儀社へ支払う際にまとめて請求されます。祭壇費用などを抑えることが必要です。

Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/12/rinkai-fee-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/12/rinkai-fee-150x150.jpgおさる臨海斎場
臨海斎場の料金一覧表 臨海斎場の火葬料金 臨海斎場の火葬料金は以下の通りです。 火葬の利用区分 組織区住民 組織区外住民 12歳以上 34,500円 70,000円 12歳未満 21,000円 42,000円 胎児 9,000円 18,000円 改葬遺骨 18,000円 36,000円 人体の一部 7,500円 15,000円 分骨 2,000円 6,000円 骨標本 36,000円 臨海斎場の施設利用料 臨海斎場の各施設の利用料です。なお、葬儀式場は臨海斎場で火葬を行わない場合は利用できません。 臨海斎場の施設 組織区住民 組織区外住民 葬儀式場 56,000円 170,000円 会葬者控室 30,000円 90,000円 遺族等控室 14,000円 42,000円 火葬待合室 20,000円 60,000円 柩保管(24時間毎) 3,000円 10,000円 面会室 無料 一般的には通夜・告別式を行う葬儀式場、会葬者の控室・通夜振る舞いや精進落としなどの会食を行う会葬者控室、遺族等控室を葬儀では利用することになります。これらの合計は組織区住民は100,000円、組織区外住民は302,000円と3倍近い差があります。 臨海斎場の各種手数料 臨海斎場の施設 組織区住民 組織区外住民 火葬証明書 300円 分骨証明書 臨海斎場の使用料について 臨海斎場を安く利用できる「組織区住民」 臨海斎場は港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区が組織しています。これらの組織区住民はお得な価格で火葬、葬儀、遺体安置を行うことができます。 この組織区住民料金が適用されるのは、以下のいずれかを満たしている場合です。 故人が組織区に住所を有していた場合 喪主が組織区に住所を有している場合(ただし、喪主が故人の二親等以内の親族に限る。) ②の喪主の住所で組織区住民料金を適用する場合は、故人との続柄確認のために戸籍抄本もしくは戸籍謄本と、住民登録地がわかるものを提出する必要があります。 逆に、東京都内であってもこれらの条件を満たさない場合は、組織区外住民の料金が適用されます。 臨海斎場と民間の火葬場併設斎場との比較 東京都23区内は公営の火葬場がほとんどなく、民営の東京博善が都内の火葬を担ってきました。現在、町屋斎場、四ツ木斎場、落合斎場、堀ノ内斎場、桐ヶ谷斎場、代々幡斎場の6つの火葬場併設斎場を運営しています。もちろん、民営なので利用者の住所地は関係なく、どの斎場でも一律料金で利用できます。 以下は火葬料金と式場利用料金と遺体の冷蔵安置を臨海斎場と東京博善系列の斎場との比較です。東京博善は火葬料金は最も安い最上等(星)の料金で、式場使用料については臨海斎場は葬儀式場と会葬者控室と遺族等控室、東京博善はどの斎場にもある最も安いプラン式場「雪」と休憩室「星の間」の合計です。 区分 臨海斎場(組織区内料金) 臨海斎場(組織区外料金) 東京博善 火葬料金 34,500円 70,000円 59,000円 式場使用料金 100,000円 302,000円 266,760円 遺体安置(冷蔵) 3,000円 10,000円 8,100円 利用条件などが細部で異なるものの、大雑把に見ると組織区外の住民であれば民間の東京博善系列の斎場を利用したほうが安くなる場合が多いようです。組織区外の住民は公営だからといって無理に臨海斎場を利用せずに近隣の火葬場・斎場を利用するほうが良いでしょう。逆に、組織区住民にとって臨海斎場は葬儀費用が非常にお得になる便利な斎場なので積極的に利用したいところです。 使用料の支払い 使用当日に全額を現金で支払う必要がありますが、一般的には葬儀社が代わりに臨海斎場に支払い、後日に葬儀費用を葬儀社へ支払う際にまとめて請求されます。祭壇費用などを抑えることが必要です。