Pocket

赤ちゃんの喪服

葬式の赤ちゃんの服装は基本的に何でもいい

赤ちゃんの服装

葬儀に赤ちゃんを連れて参列しなければならないときがあります。
その場合の赤ん坊の服装はやはり黒のものを使用するのでしょうか?

赤ちゃんの服装は何でもいいのです。黒・白・グレーの服があればいいですが、色付きでも落ち着いた色のものを使用すれば問題ありません。

赤ちゃんを連れて行くときに持っていくもの

ベビーカーや抱っこ紐は持っていっていい?

赤ちゃんと外出するときに欠かせないなのが、ベビーカー抱っこ紐です。
これらはお葬式に持ってきても大丈夫なのでしょうか?

ベビーカーは基本的には会場内で他の人の邪魔にならなければよいでしょう。
たたんで隅に置いたり、また会場の広さによってはベビーカーに赤ちゃんを寝かせて告別式を行うところもあるようです。
いずれにせよ、ベビーカーに関する特別なマナーはないので、普段のマナーやお葬式マナーに則った気配りが必要と言えます。

抱っこ紐も同様です。告別式の間、ずっと赤ちゃんを抱いておくのは辛いので、こちらは着用して参列する人もいるようです。

ベビーカーや抱っこ紐の色も喪服と違和感のない地味めなものであればいいのですが、新調するものでもないので、あまりに派手な場合は使わないほうが良いかもしれません。

重要なことは実際に参列する人がどのように考えているかです。
とりあえず斎場にはベビーカーや抱っこ紐を持ってきておき、式の最中は外したほうがよさそうな雰囲気だった場合には控室などに置くなどして柔軟に対応しましょう。

オムツやミルクなどをいれるカバン

赤ちゃんを連れて参列する場合、オムツミルクなどの荷物が多いため、それらが入るカバンが必要です。
黒いカバンがあればよいですが、ベビー用品用のカバンの色も赤ちゃんの服と同じでそこまで気張る必要はありません。
地味めな色合いのものを使用しましょう。

母子手帳や健康保険証

赤ちゃんは月齢が低いほど大人と比べて抵抗力が弱いです。
告別式のようにたくさんの大人がいる環境は、赤ちゃんとっては体調を崩しやすい場所でもあります。

もしものときのために、母子手帳や健康保険証などは携帯しておきましょう。

赤ちゃん連れのときの服装

赤ちゃんがいるときの喪服の注意点

授乳の際に汚れやすい

赤ちゃん連れの葬儀の際には母親の服装にも気をつける必要があります。
通常のブラックフォーマルだとファスナーが後ろにあるものが多く、授乳がしづらく礼服が母乳で汚れやすいのです。
また、脱着が気軽にできないこともあって、お葬式のときの授乳はとても難しいのです。

哺乳瓶や離乳食でも注意

授乳以外でも哺乳瓶離乳食であっても、油断は禁物です。
いつもと違う環境なので赤ちゃんは興奮気味です。
こぼしてしまったり、なかには戻してしまうこともあります。

汚れないようにタオルや替えの服装の準備もしっかりしておくことが必要です。

お葬式の授乳対策

大きめの授乳ケープを持ってくる

通常の黒のワンピースで頑張って授乳する場合は、片側をはだけさせる必要があるので、少し大きめの授乳ケープを用意しましょう。
汚れやすいのでタオルなど万全の準備で気をつけて授乳をするようにします。

授乳対応の喪服を購入する

ワンピースタイプでフロントにファスナーがついたタイプのものが授乳対応の喪服として販売されています。
前開きなので授乳しやすく脱着も容易で、礼服なので一着で済ませることができますが、新たに授乳用に一着購入する必要があります。

黒っぽい授乳しやすい服装で行き、式の時だけ喪服を着用する

これは遺族・親族の告別式だからこそできることですが、授乳しやすい黒の服で行き、式の最中は喪服を着用する方法です。
直前まで母乳を与えるので、式の最中に母乳を求めて泣き出す可能性も下がります。

また、遺族・親族が式中でも授乳しやすい黒の服装でもよいと言ってくれた場合は、お言葉に甘えてもよいでしょう。
授乳しやすい黒の服を使う場合は新たに授乳用の喪服を購入する必要もないので、資金的にもメリットがあります。

Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/09/akachan2-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/09/akachan2-150x150.jpgおさるお葬式の服装のマナー
赤ちゃんの喪服 葬式の赤ちゃんの服装は基本的に何でもいい 赤ちゃんの服装 葬儀に赤ちゃんを連れて参列しなければならないときがあります。 その場合の赤ん坊の服装はやはり黒のものを使用するのでしょうか? 赤ちゃんの服装は何でもいいのです。黒・白・グレーの服があればいいですが、色付きでも落ち着いた色のものを使用すれば問題ありません。 赤ちゃんを連れて行くときに持っていくもの ベビーカーや抱っこ紐は持っていっていい? 赤ちゃんと外出するときに欠かせないなのが、ベビーカーや抱っこ紐です。 これらはお葬式に持ってきても大丈夫なのでしょうか? ベビーカーは基本的には会場内で他の人の邪魔にならなければよいでしょう。 たたんで隅に置いたり、また会場の広さによってはベビーカーに赤ちゃんを寝かせて告別式を行うところもあるようです。 いずれにせよ、ベビーカーに関する特別なマナーはないので、普段のマナーやお葬式マナーに則った気配りが必要と言えます。 抱っこ紐も同様です。告別式の間、ずっと赤ちゃんを抱いておくのは辛いので、こちらは着用して参列する人もいるようです。 ベビーカーや抱っこ紐の色も喪服と違和感のない地味めなものであればいいのですが、新調するものでもないので、あまりに派手な場合は使わないほうが良いかもしれません。 重要なことは実際に参列する人がどのように考えているかです。 とりあえず斎場にはベビーカーや抱っこ紐を持ってきておき、式の最中は外したほうがよさそうな雰囲気だった場合には控室などに置くなどして柔軟に対応しましょう。 オムツやミルクなどをいれるカバン 赤ちゃんを連れて参列する場合、オムツやミルクなどの荷物が多いため、それらが入るカバンが必要です。 黒いカバンがあればよいですが、ベビー用品用のカバンの色も赤ちゃんの服と同じでそこまで気張る必要はありません。 地味めな色合いのものを使用しましょう。 母子手帳や健康保険証 赤ちゃんは月齢が低いほど大人と比べて抵抗力が弱いです。 告別式のようにたくさんの大人がいる環境は、赤ちゃんとっては体調を崩しやすい場所でもあります。 もしものときのために、母子手帳や健康保険証などは携帯しておきましょう。 赤ちゃん連れのときの服装 赤ちゃんがいるときの喪服の注意点 授乳の際に汚れやすい 赤ちゃん連れの葬儀の際には母親の服装にも気をつける必要があります。 通常のブラックフォーマルだとファスナーが後ろにあるものが多く、授乳がしづらく礼服が母乳で汚れやすいのです。 また、脱着が気軽にできないこともあって、お葬式のときの授乳はとても難しいのです。 哺乳瓶や離乳食でも注意 授乳以外でも哺乳瓶や離乳食であっても、油断は禁物です。 いつもと違う環境なので赤ちゃんは興奮気味です。 こぼしてしまったり、なかには戻してしまうこともあります。 汚れないようにタオルや替えの服装の準備もしっかりしておくことが必要です。 お葬式の授乳対策 大きめの授乳ケープを持ってくる 通常の黒のワンピースで頑張って授乳する場合は、片側をはだけさせる必要があるので、少し大きめの授乳ケープを用意しましょう。 汚れやすいのでタオルなど万全の準備で気をつけて授乳をするようにします。 授乳対応の喪服を購入する ワンピースタイプでフロントにファスナーがついたタイプのものが授乳対応の喪服として販売されています。 前開きなので授乳しやすく脱着も容易で、礼服なので一着で済ませることができますが、新たに授乳用に一着購入する必要があります。 黒っぽい授乳しやすい服装で行き、式の時だけ喪服を着用する これは遺族・親族の告別式だからこそできることですが、授乳しやすい黒の服で行き、式の最中は喪服を着用する方法です。 直前まで母乳を与えるので、式の最中に母乳を求めて泣き出す可能性も下がります。 また、遺族・親族が式中でも授乳しやすい黒の服装でもよいと言ってくれた場合は、お言葉に甘えてもよいでしょう。 授乳しやすい黒の服を使う場合は新たに授乳用の喪服を購入する必要もないので、資金的にもメリットがあります。