Pocket

位牌とは

死者の祭祀のために、死者の戒名を記した木の板のことです。葬儀の際に祭壇に祀る他、葬儀後は仏壇に安置するので、一般的な葬儀を開く際には必須のものとなります。

位牌の種類

位牌は時期により仮位牌と本位牌の2つの種類があります。

仮位牌(白木位牌)

仮位牌は葬儀から(一般的には)四十九日法要までに使う本位牌を用意するまでの仮の位牌で、白木位牌が用いられるのが一般的です。
地域や宗派により違いはありますが、四十九日の忌明けのタイミングで本位牌へ入魂して、仮位牌はお焚き上げしてもらうことが多いようです。

仮位牌は葬儀で使うため、お寺や葬儀社が用意します。

本位牌(黒塗位牌・唐木位牌)

本位牌は忌明け後に必要な位牌です。黒漆を塗った黒塗位牌や黒檀や紫檀などの高級木材が使われる唐木位牌などが用いられます。また、最近では従来の形にとらわれない自由なデザインのモダン位牌と呼ばれる物も販売されています。

本位牌は仏壇店などから購入し、製作に通常1~2週間程度を要します。

位牌の文字

位牌の文字の入れ方

位牌に文字を入れる方法は大きく分けて機械掘り手書きかを選びます。
機械掘りは一般に納期も1週間程度で、安価で整った文字に仕上がります。
手書きは漆で書いた後に乾かす工程が必要なので納期は2週間程度かかります。

NOTE:機械掘りが普及した関係で、俗名や戒名に旧字体や難しい字がある場合は注文の際に伝えるようにします。

位牌に入れる文字

ihai

位牌の表面に入れる文字

位牌の表には戒名没年月日を入れます。

死後、戒名をつける場合は「◯◯院◯◯◯◯居士(大姉)」のような戒名を位牌の表面に入れます。宗派による戒名の違いに加え、戒名の上に宗旨に沿った文字を入れる場合もあり、例えば真言宗では戒名の上に梵字ぼんじの「ア」や「カ」を入れます。

また、戒名をつけない場合は「◯◯◯◯之霊位」というように生前の名前を入れるようにします。

位牌の裏面に入れる文字

裏面には、生前の名前である俗名行年(享年)を入れます。行年は満年齢、享年は数え年による違いがありますが、現在では享年でも満年齢で記載することが増えてきているようです。また、「歳」と「才」どちらを使うかについても、「才」の方が画数が少ないため彫りやすさと見やすさに優れ、多く使われているようです。

位牌の大きさ

位牌の大きさの単位

位牌の大きさは3寸など寸で表しますが、これは札板の高さを表すもので、総丈ではありません。大きさは概ね3~8寸のものが多く、4寸〜4.5寸のものが選ばれることが多く、5寸以上は大型仏壇の時に用いられるようです。

位牌のルール

位牌は本尊(仏像)よりも小さく

仏壇に安置するにあたって、位牌は仏壇の本尊よりも小さいものである必要があります。これは仏壇があくまでも本尊を祀るためのものだからです。

先祖の位牌と同じ大きさか小さく

原則として先祖よりも大きい位牌を作りません。これは位牌がそもそも儒教の先祖崇拝の考えから来ています。
偉大な功績を残すなどした場合は、例外的に先祖よりも大きいものを作ることもあるようです。

NOTE:仏教では本来、位牌は必要なく、浄土真宗では位牌を用いずに過去帳を使います。(浄土真宗であっても仏壇に位牌を安置して祀っている人もいます。)

夫婦は同じ大きさ

夫婦は同じ大きさにするのが通例です。また、夫婦であれば連名で一つの位牌にすることができます。(後述)

位牌のその後

原則一人一柱の位牌ですが、数が増えると仏壇内に置くのが難しくなり、さらに経年劣化によって判読も難しくなるため、一定期間でまとめることが必要です。

夫婦の位牌を一つにする

夫婦であれば連名で一つの位牌にすることもできます。連名の場合は夫は右側妻は左側に文字を入れます。
先に亡くなった方の位牌を作り、次に亡くなった時に改めて夫婦位牌を作り直すか、最初から夫婦位牌を作り、文字を後から入れられるようにしておくようにします。

先祖の位牌が増えた場合

回出位牌くりだしいはいを使う

先祖の位牌が増えて、仏壇に安置するのが難しい場合は回出位牌(繰出位牌)を用います。位牌に扉がついている形のもので、戒名を入れる札板を数枚収納することができ、これにまとめて収納するようにします。

一番前の札板に「◯◯家先祖代々之霊位」という文字を入れ、以後故人の戒名などを入れる札板を入れていきます。一般に8~10枚程度収納できるものが多いです。

先祖代々の位牌を作る

また、先祖の位牌を「◯◯家先祖代々之霊位」という風に一つの位牌にまとめることもできます。この場合は、弔い上げ(三十三回忌・五十回忌)などを目安に個人位牌から先祖代々の位牌へ移すことが必要です。

過去帳に移す

過去帳は故人の戒名・俗名・没年月日・行年(享年)をまとめる仏具です。こちらも先祖代々の位牌と同じく、弔いあげを機に過去帳に移してもらいます。

位牌の処分

処分のタイミングと方法

仮位牌は本位牌に魂を移した後は処分することになります。多くは四十九日法要に併せて本位牌を用意するので、お寺か仏具店に引き取ってもらい、お焚き上げしてもらいます。

本位牌を処分するタイミングは、上記のように先祖代々の位牌や過去帳に移すときや、新しい位牌に移すとき、また後継者の宗教的な考えの違いなどによる処分もあります。

いずれにせよ、仮位牌の時と同様、お寺か仏具店にお焚き上げしてもらいます。もちろん、無宗教ならばそのまま廃棄するということも考えられますが、親戚などとトラブルになる可能性もあるので、周囲の感情に配慮することが必要です。

位牌の処分費用の相場

位牌を別の位牌・過去帳に集約する、または位牌を処分する際に、お寺に引き取ってもらう場合は閉眼供養を行います。したがって、供養のお布施を収めることが必要です。お布施の額は、単純に処分するか、また別の位牌に魂を移すかどうかなどによっても異なるので、分からない場合はお寺に聞いた方がよいでしょう。一般的には3万~5万円と言われています。

また、お寺以外にも仏壇・仏具店に引き取ってもらうこともでき、こちらは値段が明示されています。

Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/05/ihai-large-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/05/ihai-large-150x150.jpgおさる仏具・仏壇・位牌のこと
位牌とは 死者の祭祀のために、死者の戒名を記した木の板のことです。葬儀の際に祭壇に祀る他、葬儀後は仏壇に安置するので、一般的な葬儀を開く際には必須のものとなります。 位牌の種類 位牌は時期により仮位牌と本位牌の2つの種類があります。 仮位牌(白木位牌) 仮位牌は葬儀から(一般的には)四十九日法要までに使う本位牌を用意するまでの仮の位牌で、白木位牌が用いられるのが一般的です。 地域や宗派により違いはありますが、四十九日の忌明けのタイミングで本位牌へ入魂して、仮位牌はお焚き上げしてもらうことが多いようです。 仮位牌は葬儀で使うため、お寺や葬儀社が用意します。 本位牌(黒塗位牌・唐木位牌) 本位牌は忌明け後に必要な位牌です。黒漆を塗った黒塗位牌や黒檀や紫檀などの高級木材が使われる唐木位牌などが用いられます。また、最近では従来の形にとらわれない自由なデザインのモダン位牌と呼ばれる物も販売されています。 本位牌は仏壇店などから購入し、製作に通常1~2週間程度を要します。 位牌の文字 位牌の文字の入れ方 位牌に文字を入れる方法は大きく分けて機械掘りか手書きかを選びます。 機械掘りは一般に納期も1週間程度で、安価で整った文字に仕上がります。 手書きは漆で書いた後に乾かす工程が必要なので納期は2週間程度かかります。 NOTE:機械掘りが普及した関係で、俗名や戒名に旧字体や難しい字がある場合は注文の際に伝えるようにします。 位牌に入れる文字 位牌の表面に入れる文字 位牌の表には戒名と没年月日を入れます。 死後、戒名をつける場合は「◯◯院◯◯◯◯居士(大姉)」のような戒名を位牌の表面に入れます。宗派による戒名の違いに加え、戒名の上に宗旨に沿った文字を入れる場合もあり、例えば真言宗では戒名の上に梵字ぼんじの「ア」や「カ」を入れます。 また、戒名をつけない場合は「◯◯◯◯之霊位」というように生前の名前を入れるようにします。 位牌の裏面に入れる文字 裏面には、生前の名前である俗名と行年(享年)を入れます。行年は満年齢、享年は数え年による違いがありますが、現在では享年でも満年齢で記載することが増えてきているようです。また、「歳」と「才」どちらを使うかについても、「才」の方が画数が少ないため彫りやすさと見やすさに優れ、多く使われているようです。 位牌の大きさ 位牌の大きさの単位 位牌の大きさは3寸など寸で表しますが、これは札板の高さを表すもので、総丈ではありません。大きさは概ね3~8寸のものが多く、4寸〜4.5寸のものが選ばれることが多く、5寸以上は大型仏壇の時に用いられるようです。 位牌のルール 位牌は本尊(仏像)よりも小さく 仏壇に安置するにあたって、位牌は仏壇の本尊よりも小さいものである必要があります。これは仏壇があくまでも本尊を祀るためのものだからです。 先祖の位牌と同じ大きさか小さく 原則として先祖よりも大きい位牌を作りません。これは位牌がそもそも儒教の先祖崇拝の考えから来ています。 偉大な功績を残すなどした場合は、例外的に先祖よりも大きいものを作ることもあるようです。 NOTE:仏教では本来、位牌は必要なく、浄土真宗では位牌を用いずに過去帳を使います。(浄土真宗であっても仏壇に位牌を安置して祀っている人もいます。) 夫婦は同じ大きさ 夫婦は同じ大きさにするのが通例です。また、夫婦であれば連名で一つの位牌にすることができます。(後述) 位牌のその後 原則一人一柱の位牌ですが、数が増えると仏壇内に置くのが難しくなり、さらに経年劣化によって判読も難しくなるため、一定期間でまとめることが必要です。 夫婦の位牌を一つにする 夫婦であれば連名で一つの位牌にすることもできます。連名の場合は夫は右側、妻は左側に文字を入れます。 先に亡くなった方の位牌を作り、次に亡くなった時に改めて夫婦位牌を作り直すか、最初から夫婦位牌を作り、文字を後から入れられるようにしておくようにします。 先祖の位牌が増えた場合 回出位牌くりだしいはいを使う 先祖の位牌が増えて、仏壇に安置するのが難しい場合は回出位牌(繰出位牌)を用います。位牌に扉がついている形のもので、戒名を入れる札板を数枚収納することができ、これにまとめて収納するようにします。 一番前の札板に「◯◯家先祖代々之霊位」という文字を入れ、以後故人の戒名などを入れる札板を入れていきます。一般に8~10枚程度収納できるものが多いです。 先祖代々の位牌を作る また、先祖の位牌を「◯◯家先祖代々之霊位」という風に一つの位牌にまとめることもできます。この場合は、弔い上げ(三十三回忌・五十回忌)などを目安に個人位牌から先祖代々の位牌へ移すことが必要です。 過去帳に移す 過去帳は故人の戒名・俗名・没年月日・行年(享年)をまとめる仏具です。こちらも先祖代々の位牌と同じく、弔いあげを機に過去帳に移してもらいます。 位牌の処分 処分のタイミングと方法 仮位牌は本位牌に魂を移した後は処分することになります。多くは四十九日法要に併せて本位牌を用意するので、お寺か仏具店に引き取ってもらい、お焚き上げしてもらいます。 本位牌を処分するタイミングは、上記のように先祖代々の位牌や過去帳に移すときや、新しい位牌に移すとき、また後継者の宗教的な考えの違いなどによる処分もあります。 いずれにせよ、仮位牌の時と同様、お寺か仏具店にお焚き上げしてもらいます。もちろん、無宗教ならばそのまま廃棄するということも考えられますが、親戚などとトラブルになる可能性もあるので、周囲の感情に配慮することが必要です。 位牌の処分費用の相場 位牌を別の位牌・過去帳に集約する、または位牌を処分する際に、お寺に引き取ってもらう場合は閉眼供養を行います。したがって、供養のお布施を収めることが必要です。お布施の額は、単純に処分するか、また別の位牌に魂を移すかどうかなどによっても異なるので、分からない場合はお寺に聞いた方がよいでしょう。一般的には3万~5万円と言われています。 また、お寺以外にも仏壇・仏具店に引き取ってもらうこともでき、こちらは値段が明示されています。