遺骨ペンダント

手元供養が徐々に広まっており、中でもお骨を入れるペンダントが主流です
手元供養ってどんなもの?

大切な人とのお別れ、想像することも辛い悲しみの中で、お見送りをすませた後は火葬場からご遺骨を骨壺に入れ自宅などに持ち帰ります。
ご遺骨をお墓などに納骨するのは、四十九日法要を終えてからが一般的ですが、その時に遺骨が手元を離れてしまうことに言いようのない寂しさや不安を感じる方が少なからずいらっしゃいます。

大切な人といつも一緒にいたい、ずっとそばで見守ってほしい…そんな想いを形にするのが「手元供養」です。
具体的には、ご遺骨の一部を手元に置き、身に着けたり、自宅に保管したりして、身近なところで故人を供養してしのぶことを手元供養(てもとくよう)と言います。

手元供養品には様々な種類があります

遺骨ペンダント
ミニ骨壺
ミニ仏壇
仏具(おりん,三具足,香立・火立)

中でも遺骨ペンダントが人気

オープンハート
メビウス
チャームハート ゴールド
ドロップ
ツイスト
リーフハート
プチウフ
クラウンハート
シリンダー
ハンマードスティック
チャームハート シルバー
メモリアルペンダント フォーエバー

「遺骨」を感じさせないデザイン

当店で取り扱っている遺骨ペンダントは、見た目には遺骨ペンダントであることを悟られない素敵なデザインの商品が揃っています。
普通にアクセサリーとして魅力を感じるペンダントなので、常に身に着けることにも抵抗なくお使いいただける点も人気のヒミツです。

いつも身に着けて側にいてもらえるから安心

お骨の保管、手元に置いても大丈夫?

お骨を庭に埋めることは法律で禁止されています。それでは、手元で保管することは法的に問題ないのでしょうか?
答えは問題ありません。
法律は勝手に埋めることを禁じており、保管することについては定められていません。

また、「分骨すると成仏できないのでは?」「お墓に納骨しないと成仏できないのでは?」などの心配を抱く方もいらっしゃると思いますが、これも根拠のない迷信だと言われています。

こちらのページで弁護士と僧侶の見解を含めて詳しく説明しているのでご参考下さい。
遺骨を手元で保管することは問題ないでしょうか?

遺骨ペンダントのおかげで前を向けるように

実際に購入した方のお声

遺骨ペンダントをご購入いただいたお客様からは次のようなお声をいただいています。

そばにいてくれるから安心してお墓に入れることができた

前向きな気持ちになり、悲しみが和らいだ

いつもそばで見守ってくれているという安心感を得られた

家族の思い出の場所に再び一緒に行けた

手元供養店 メモリーズインタイム

誰にでもいつか必ずやってくる愛する人とのお別れ。避けることはできないとわかっていても、離別の悲しみ、苦しみがなくなる訳ではありません。

そんな時に、少しでも思い出を残す品物や、心を寄せる何かが欲しいと思うのは自然なことではないかと思います。

毎日供養をして故人を思い返す時間が欲しい、そんな場合も必ずしも立派な仏壇が必要な訳ではありません。多様化する生活様式の中で、場所をとらず、そっと供養できる小さなスペースで故人を想う、「手元供養」という方法があります。

「手元供養店 メモリーズインタイム」では、お亡くなりになった大切な方との絆をいつでも感じていたい、そんな想いを実現するアイテムを取りそろえています。