Pocket

mochu-shogatsu-kazari

そもそも正月飾りとは

縁起の良いものを飾って歳神様を迎える風習

日本の年始は自宅に様々な縁起の良いものを飾ってお正月を迎える風習があります。この飾りを正月飾りと言います。

正月飾りと言って思い浮かぶのが、家の門や玄関前に飾る門松(松飾り)しめ飾り鏡餅などです。これらの正月飾りは正月に各家にやってくる歳神(年神)様をお迎えする風習が現在も形として残っているものです。

門松の飾る時期と意味

072186

門松はお正月に歳神様をお迎えするために飾るもので、松の内(12月13日以降)ならいつでも飾ってもよいですが、お正月の直前で「二重苦」を連想させる29日、神をおろそかにする「一夜飾り」となってしまう30日(晦日)、31日(大晦日)を避けた28日に飾るのが一般的となっています。門松を片付ける時期も松の内までなので、一般的には1月7日までで、地域によって1月15日や1月20日までのところもあります。

しめ飾りの飾る時期と意味

093884

しめ飾りとはしめ縄に橙や譲り葉などの縁起物を飾りつけたものです。神社やご神木などにしめ縄をするのと同じように、歳神様を迎え入れる自宅が神聖で清らかな場所であることを示すために飾るようになったと言われています。

しめ飾りも地域によって様々なタイプがあります。

しめ飾りも門松と同じく松の内以降で12月28日に飾り、1月7日や15日に外します。外したしめ飾りは15日のどんど焼き(左義長)で焼きます

鏡餅の意味と飾る時期、鏡開き

072209

鏡餅は歳神様へのお供え物として飾られます。飾る場所は床の間や神棚、それらがない場合は家の最も奥まった場所に置くようにします。一般的には大小二つの丸餅と橙を飾りますが、串柿や干しするめなどを飾る、橙の代わりに温州みかんを使うなど、地域によっても様々です。

飾り始める時期も他の正月飾りと同様に12月28日に飾ることが多いですが、正月が終わるとお供えしていた鏡餅をおしるこやお雑煮などにして食べる鏡開きが行われます。鏡開きの時期は松の内が終わった後の1月11日に行われます。

喪中の正月飾り

喪中のお正月は正月飾りを行わないほうがよい

正月飾りは歳神様を迎え入れ、旧年を無事に過ごせたことを感謝し、新年をお祝いするためのものです。

しかし、喪中なのでお祝い事は自粛する必要があり、旧年中に不幸があったので、やはり喪中に正月飾りを行うことは適切ではありません。

喪中の神棚のお札やしめ縄の取り替え

なお、正月飾りの際に、神棚がある家では神棚を掃除し、お札やしめ縄を新しくする必要があります。

神棚は神道ですので、神道における忌中50日間の間は封印されます。この忌中に正月を迎えた場合は、お札やしめ縄の交換はできません

忌明け後であれば、喪中であってもお札やしめ縄の交換は可能です。ただし、喪中なので神棚には正月飾りなどは行わず、普段通りにしておきます

まとめ

  • 正月飾りは新年のお祝いの意味も含めているので、喪中の場合は控える
  • 神棚は喪中であっても忌明け後であれば、新年の清掃を行ってもよい。ただし、神棚への正月飾りは行わない

↓早めの喪中はがきの準備は安くて簡単な「いんさつどっとねっと」↓


Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/11/mochu-shogatsu-kazari-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/11/mochu-shogatsu-kazari-150x150.jpgおさる喪中のマナー
そもそも正月飾りとは 縁起の良いものを飾って歳神様を迎える風習 日本の年始は自宅に様々な縁起の良いものを飾ってお正月を迎える風習があります。この飾りを正月飾りと言います。 正月飾りと言って思い浮かぶのが、家の門や玄関前に飾る門松(松飾り)やしめ飾り、鏡餅などです。これらの正月飾りは正月に各家にやってくる歳神(年神)様をお迎えする風習が現在も形として残っているものです。 門松の飾る時期と意味 門松はお正月に歳神様をお迎えするために飾るもので、松の内(12月13日以降)ならいつでも飾ってもよいですが、お正月の直前で「二重苦」を連想させる29日、神をおろそかにする「一夜飾り」となってしまう30日(晦日)、31日(大晦日)を避けた28日に飾るのが一般的となっています。門松を片付ける時期も松の内までなので、一般的には1月7日までで、地域によって1月15日や1月20日までのところもあります。 しめ飾りの飾る時期と意味 しめ飾りとはしめ縄に橙や譲り葉などの縁起物を飾りつけたものです。神社やご神木などにしめ縄をするのと同じように、歳神様を迎え入れる自宅が神聖で清らかな場所であることを示すために飾るようになったと言われています。 しめ飾りも地域によって様々なタイプがあります。 しめ飾りも門松と同じく松の内以降で12月28日に飾り、1月7日や15日に外します。外したしめ飾りは15日のどんど焼き(左義長)で焼きます。 鏡餅の意味と飾る時期、鏡開き 鏡餅は歳神様へのお供え物として飾られます。飾る場所は床の間や神棚、それらがない場合は家の最も奥まった場所に置くようにします。一般的には大小二つの丸餅と橙を飾りますが、串柿や干しするめなどを飾る、橙の代わりに温州みかんを使うなど、地域によっても様々です。 飾り始める時期も他の正月飾りと同様に12月28日に飾ることが多いですが、正月が終わるとお供えしていた鏡餅をおしるこやお雑煮などにして食べる鏡開きが行われます。鏡開きの時期は松の内が終わった後の1月11日に行われます。 喪中の正月飾り 喪中のお正月は正月飾りを行わないほうがよい 正月飾りは歳神様を迎え入れ、旧年を無事に過ごせたことを感謝し、新年をお祝いするためのものです。 しかし、喪中なのでお祝い事は自粛する必要があり、旧年中に不幸があったので、やはり喪中に正月飾りを行うことは適切ではありません。 喪中の神棚のお札やしめ縄の取り替え なお、正月飾りの際に、神棚がある家では神棚を掃除し、お札やしめ縄を新しくする必要があります。 神棚は神道ですので、神道における忌中50日間の間は封印されます。この忌中に正月を迎えた場合は、お札やしめ縄の交換はできません。 忌明け後であれば、喪中であってもお札やしめ縄の交換は可能です。ただし、喪中なので神棚には正月飾りなどは行わず、普段通りにしておきます。 まとめ 正月飾りは新年のお祝いの意味も含めているので、喪中の場合は控える 神棚は喪中であっても忌明け後であれば、新年の清掃を行ってもよい。ただし、神棚への正月飾りは行わない ↓早めの喪中はがきの準備は安くて簡単な「いんさつどっとねっと」↓