Pocket

kanchu-bunrei

寒中見舞いの書き方

寒中見舞いを送る場面

寒中見舞いは厳寒期の季節の挨拶状ですが、現在では年賀状の代わりに出す挨拶状として一般的となっています。

喪中でなくとも年賀状が間に合わず松の内が明けてしまったときなどに出しますが、自分や相手が喪中だったときに寒中見舞いを出すシチュエーションは次のようなものがあります。

寒中見舞いを出すシチュエーション 送り主 送り先
喪中の人に年賀状の代わりに新年の挨拶状を送るとき 喪中でない人 喪中の人
喪中の人に年賀状を出してしまったので、お詫びの手紙をおくるとき 喪中でない人 喪中の人
喪中を知らない人からもらった年賀状への返信をするとき 喪中の人 喪中でない人

寒中見舞いの内容

寒中見舞いはもともと季節の挨拶状だったので、厳密な決まりなどはありません。

共通するのは

  • 寒中お見舞い申し上げます」という書き出し
  • 自分や相手が喪中の場合はお祝いするような表現を避ける
  • 句読点はあってもなくてもよい
  • 「平成○○年一月」と挨拶文の後に入れる

という部分で、あとは寒中見舞いを出す状況によって変わります。

例えば、通常の季節の挨拶状として出す場合は時候の挨拶などを挟んでもよいですし、喪中の人に出してしまった場合のお詫びとして出す場合は、当然ですが喪中に年賀状を出してしまったことや、お悔やみが遅れたことをお詫びする内容を載せます。

喪中にもかかわらず年賀状が届いた場合には、寒中見舞いで喪中の連絡が行き届いていないことをお詫びします。

句読点を省略するのは、死亡通知や通夜・告別式の案内などの儀礼文書の作法です。寒中見舞いは季節の挨拶なので、通常は句読点を入れますが、喪中の人への配慮として弔事の作法として句読点を書かない人もおり、故人が亡くなったことを知らない人へあらためて通知する場合などは省略したほうがよいかもしれません。

文末には「寒い日が続きますが、どうぞお体を大切にお過ごしください」など寒い時期の相手をいたわる一文を入れるようにします。

親しい間柄の人に送る場合は、定型文に縛られずに、自分の思ったままの自分の言葉で書くのもよいでしょう。

寒中見舞いの文例・例文

喪中の人に年賀状の代わりに寒中見舞いを出すとき

寒中お見舞い申し上げます

寒さ厳しい折いかがお過ごしでしょうか
ご服喪中と伺い、年始のご挨拶は差し控えさせていただきました
寒い日が続きますが、本年もよろしくご交誼のほどをお願い申し上げます

平成○○年一月

寒中お見舞い申し上げます

ご服喪中と存じ、年始のご挨拶はご遠慮させて頂きました
○○様が急逝され、皆様におかれましてはお寂しい毎日をお過ごしのこととお察し申し上げます
厳寒の折から、皆様どうか御身大切にお過ごしください

平成○○年一月

喪中の人に年賀状を出してしまったときのお詫びの手紙

寒中お見舞い申し上げます

この度はご服喪中とは存じ上げず、年始状を差し上げてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。
お悔やみが遅れましたことをお詫び申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます

平成○○年一月

寒中お見舞い申し上げます

○○様ご逝去のこと、存じ上げなかったとはいえ、年始状を差し上げてしまい、深くお詫び申し上げます。
遅ればせながら、○○様のご冥福をお祈り申し上げます。
本格的な寒さを迎える折、御身お大切に、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

平成○○年一月

喪中に年賀状が届いたときの年賀状への返信

寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧なお年始状をいただき誠にありがとうございました
昨年喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきました
寒さ厳しき折 皆様ご自愛くださいますようお祈り申し上げます

平成○○年一月

寒中お見舞い申し上げます

新年早々年始をいただき誠にありがとうございました
喪中のため年頭の挨拶を控えさせていただきました
旧年中にお知らせ申し上げるべきところ、連絡が行き届かず申し訳ございませんでした
本年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます

平成○○年一月

故人本人宛に年賀状が届いたとき(送り主が故人が亡くなったことを知らないとき)

寒中お見舞い申し上げます

年頭のご挨拶をいただき誠にありがとうございました
父○○は○○年○月○日に他界いたしました 旧年中にお知らせ申し上げるべきところ ご通知が遅れましたことを深くお詫び申し上げます
父が生前に賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに この厳寒の折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

平成○○年一月

↓喪中はがき、寒中見舞いの印刷ならいんさつどっとねっと↓

Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/11/kanchu-bunrei-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/11/kanchu-bunrei-150x150.jpgおさる喪中のマナー
寒中見舞いの書き方 寒中見舞いを送る場面 寒中見舞いは厳寒期の季節の挨拶状ですが、現在では年賀状の代わりに出す挨拶状として一般的となっています。 喪中でなくとも年賀状が間に合わず松の内が明けてしまったときなどに出しますが、自分や相手が喪中だったときに寒中見舞いを出すシチュエーションは次のようなものがあります。 寒中見舞いを出すシチュエーション 送り主 送り先 喪中の人に年賀状の代わりに新年の挨拶状を送るとき 喪中でない人 喪中の人 喪中の人に年賀状を出してしまったので、お詫びの手紙をおくるとき 喪中でない人 喪中の人 喪中を知らない人からもらった年賀状への返信をするとき 喪中の人 喪中でない人 寒中見舞いの内容 寒中見舞いはもともと季節の挨拶状だったので、厳密な決まりなどはありません。 共通するのは 「寒中お見舞い申し上げます」という書き出し 自分や相手が喪中の場合はお祝いするような表現を避ける 句読点はあってもなくてもよい 「平成○○年一月」と挨拶文の後に入れる という部分で、あとは寒中見舞いを出す状況によって変わります。 例えば、通常の季節の挨拶状として出す場合は時候の挨拶などを挟んでもよいですし、喪中の人に出してしまった場合のお詫びとして出す場合は、当然ですが喪中に年賀状を出してしまったことや、お悔やみが遅れたことをお詫びする内容を載せます。 喪中にもかかわらず年賀状が届いた場合には、寒中見舞いで喪中の連絡が行き届いていないことをお詫びします。 句読点を省略するのは、死亡通知や通夜・告別式の案内などの儀礼文書の作法です。寒中見舞いは季節の挨拶なので、通常は句読点を入れますが、喪中の人への配慮として弔事の作法として句読点を書かない人もおり、故人が亡くなったことを知らない人へあらためて通知する場合などは省略したほうがよいかもしれません。 文末には「寒い日が続きますが、どうぞお体を大切にお過ごしください」など寒い時期の相手をいたわる一文を入れるようにします。 親しい間柄の人に送る場合は、定型文に縛られずに、自分の思ったままの自分の言葉で書くのもよいでしょう。 寒中見舞いの文例・例文 喪中の人に年賀状の代わりに寒中見舞いを出すとき 寒中お見舞い申し上げます 寒さ厳しい折いかがお過ごしでしょうか ご服喪中と伺い、年始のご挨拶は差し控えさせていただきました 寒い日が続きますが、本年もよろしくご交誼のほどをお願い申し上げます 平成○○年一月 寒中お見舞い申し上げます ご服喪中と存じ、年始のご挨拶はご遠慮させて頂きました ○○様が急逝され、皆様におかれましてはお寂しい毎日をお過ごしのこととお察し申し上げます 厳寒の折から、皆様どうか御身大切にお過ごしください 平成○○年一月 喪中の人に年賀状を出してしまったときのお詫びの手紙 寒中お見舞い申し上げます この度はご服喪中とは存じ上げず、年始状を差し上げてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。 お悔やみが遅れましたことをお詫び申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます 平成○○年一月 寒中お見舞い申し上げます ○○様ご逝去のこと、存じ上げなかったとはいえ、年始状を差し上げてしまい、深くお詫び申し上げます。 遅ればせながら、○○様のご冥福をお祈り申し上げます。 本格的な寒さを迎える折、御身お大切に、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 平成○○年一月 喪中に年賀状が届いたときの年賀状への返信 寒中お見舞い申し上げます ご丁寧なお年始状をいただき誠にありがとうございました 昨年喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきました 寒さ厳しき折 皆様ご自愛くださいますようお祈り申し上げます 平成○○年一月 寒中お見舞い申し上げます 新年早々年始をいただき誠にありがとうございました 喪中のため年頭の挨拶を控えさせていただきました 旧年中にお知らせ申し上げるべきところ、連絡が行き届かず申し訳ございませんでした 本年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます 平成○○年一月 故人本人宛に年賀状が届いたとき(送り主が故人が亡くなったことを知らないとき) 寒中お見舞い申し上げます 年頭のご挨拶をいただき誠にありがとうございました 父○○は○○年○月○日に他界いたしました 旧年中にお知らせ申し上げるべきところ ご通知が遅れましたことを深くお詫び申し上げます 父が生前に賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに この厳寒の折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます 平成○○年一月 ↓喪中はがき、寒中見舞いの印刷ならいんさつどっとねっと↓