Pocket

年忌法要の基本

四十九日が終わると、百ヶ日法要があり、それ以降は命日(祥月命日)ごとに行われる年忌法要があります。

故人の祥月命日に行われる法要

年忌法要とは故人の祥月命日に行われる法要のことです。祥月命日とは、故人の亡くなった日数だけを指す「月命日」に対して、故人の亡くなった月日のことで、一年に一日だけです。例えば1月1日に亡くなれば1月1日が祥月命日となります。

主な年忌法要

故人が亡くなってから1年後に行われるのが「一周忌」で、その後は「三回忌」「七回忌」「十三回忌」と続きます。

二年目なのに三回忌?

没後一年後の年忌法要は「一周忌」ですが、二年目からは亡くなった年を一年目とする数え年の数え方になるため「三回忌」となります。

三回忌以降は全て数え年なので、年忌の数から1を引いた数が没後の年数となります。

年忌法要の「併修」

併修とは一年に二つ以上の法要が重なった場合に、一度の法要で同時に法要を行うことを言います。
年を追うごとに法事・法要の回数は増えるもので、法事に参加する人も施主や家族にとっても負担となるためです。

併修ができるのは七回忌から

併修は一般的に七回忌以降であれば行っても良いとされています。
逆に、三回忌までは故人一人のために法要を執り行ったほうが良いとされているため、どうしても三回忌以前で併修を望む場合は菩提寺に相談してみる必要があります。

併修の日程の決め方

併修の日程の決め方は二つあります。
その年の命日が早い方に合わせる後に亡くなった方の命日に合わせるかのいずれかです。

日程に関しては、これも菩提寺と相談して決める必要があります。

併修のお布施

二人分の法要を一度に行うにあたって、お布施にはいくら包めばいいのでしょうか。
これは、参列する人の香典は一回分で、お寺も2倍の読経をするわけではないので、お布施に包む額も1.5~2人分の額で良いでしょう。

併修の案内状

併修をする際には、案内状に故人のそれぞれの名前を明記し併修であることを示しておきましょう。
もちろん、七回忌以降ですので身内でやる場合には案内状は不要です。

菩提寺の了承を得る

上記は一般的な併修の原則であり、菩提寺の考えによります。
場合によっては原則通りでもダメな場合もあれば、違う年であっても併修を了承してくれる場合もあります。

併修を考えている際は、まずは菩提寺の住職と相談してみましょう。

弔い上げ

多くの場合、故人の年忌法要は最後の年忌である弔いあげをもって、先祖として合祀されます。
弔い上げとする年忌法要は、三十三回忌法要が一般的ですが、五十回忌法要を弔い上げとする地域もあります。

主な年忌法要

一周忌

没年の一年後の法要です。一般的にはこの日までが「喪中」です。
中陰法要の四十九日と年忌法要の一周忌・三回忌は法要の中でも重要で、省略されることは少ないです。

三回忌

没年の二年後の法要です。三回忌から数え年の数え方になるので、◯回忌から1を引いた数が亡くなってからの年数になります。

一般的には三回忌以降、徐々に法要の規模を小さくしていきます。

七回忌

没年の六年後の法要です。家族のみで行われることも多く、また最近では省略されることもあります。

七回忌以降は年忌法要の併修を行っても良いとされています。同じ年に年忌法要が被っている場合は菩提寺と相談してみましょう。

十三回忌

没年の十二年後の法要です。十二支が一巡することや、「三」を重要視することから法要が営まれます。
最近では省略されることも多いです。

その他の年忌法要

  • 十七回忌
  • 二十三回忌
  • 二十五回忌
  • 二十七回忌

などがありますが、これらは省略される事が多いです。
また、弔い上げを三十三回忌か五十回忌にするかや、地域や宗派によって、行われる法要に差があります。

三十三回忌

一般に最後の年忌とされ、三十三回忌を弔い上げとしています。弔い上げとなった場合は、その故人の位牌を片付け、「先祖」として合祀されます。

弔い上げは地域や宗派にもよりますが、通常の年忌よりも盛大に行われる事が多いです。また、五十回忌を弔い上げとする地域もあります。

五十回忌

五十回忌を弔い上げとする地域もあります。この場合は、

  • 三十七回忌
  • 四十三回忌
  • 四十七回忌

にも法要がありますが、やはり省略されることも多いようです。

Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/05/719d7a2096236cf3240ad9b290593e99_m-e1432884985642-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/05/719d7a2096236cf3240ad9b290593e99_m-e1432884985642-150x150.jpgおさる法事・法要
年忌法要の基本 四十九日が終わると、百ヶ日法要があり、それ以降は命日(祥月命日)ごとに行われる年忌法要があります。 故人の祥月命日に行われる法要 年忌法要とは故人の祥月命日に行われる法要のことです。祥月命日とは、故人の亡くなった日数だけを指す「月命日」に対して、故人の亡くなった月日のことで、一年に一日だけです。例えば1月1日に亡くなれば1月1日が祥月命日となります。 主な年忌法要 故人が亡くなってから1年後に行われるのが「一周忌」で、その後は「三回忌」「七回忌」「十三回忌」と続きます。 二年目なのに三回忌? 没後一年後の年忌法要は「一周忌」ですが、二年目からは亡くなった年を一年目とする数え年の数え方になるため「三回忌」となります。 三回忌以降は全て数え年なので、年忌の数から1を引いた数が没後の年数となります。 年忌法要の「併修」 併修とは一年に二つ以上の法要が重なった場合に、一度の法要で同時に法要を行うことを言います。 年を追うごとに法事・法要の回数は増えるもので、法事に参加する人も施主や家族にとっても負担となるためです。 併修ができるのは七回忌から 併修は一般的に七回忌以降であれば行っても良いとされています。 逆に、三回忌までは故人一人のために法要を執り行ったほうが良いとされているため、どうしても三回忌以前で併修を望む場合は菩提寺に相談してみる必要があります。 併修の日程の決め方 併修の日程の決め方は二つあります。 その年の命日が早い方に合わせるか後に亡くなった方の命日に合わせるかのいずれかです。 日程に関しては、これも菩提寺と相談して決める必要があります。 併修のお布施 二人分の法要を一度に行うにあたって、お布施にはいくら包めばいいのでしょうか。 これは、参列する人の香典は一回分で、お寺も2倍の読経をするわけではないので、お布施に包む額も1.5~2人分の額で良いでしょう。 併修の案内状 併修をする際には、案内状に故人のそれぞれの名前を明記し併修であることを示しておきましょう。 もちろん、七回忌以降ですので身内でやる場合には案内状は不要です。 菩提寺の了承を得る 上記は一般的な併修の原則であり、菩提寺の考えによります。 場合によっては原則通りでもダメな場合もあれば、違う年であっても併修を了承してくれる場合もあります。 併修を考えている際は、まずは菩提寺の住職と相談してみましょう。 弔い上げ 多くの場合、故人の年忌法要は最後の年忌である弔いあげをもって、先祖として合祀されます。 弔い上げとする年忌法要は、三十三回忌法要が一般的ですが、五十回忌法要を弔い上げとする地域もあります。 主な年忌法要 一周忌 没年の一年後の法要です。一般的にはこの日までが「喪中」です。 中陰法要の四十九日と年忌法要の一周忌・三回忌は法要の中でも重要で、省略されることは少ないです。 三回忌 没年の二年後の法要です。三回忌から数え年の数え方になるので、◯回忌から1を引いた数が亡くなってからの年数になります。 一般的には三回忌以降、徐々に法要の規模を小さくしていきます。 七回忌 没年の六年後の法要です。家族のみで行われることも多く、また最近では省略されることもあります。 七回忌以降は年忌法要の併修を行っても良いとされています。同じ年に年忌法要が被っている場合は菩提寺と相談してみましょう。 十三回忌 没年の十二年後の法要です。十二支が一巡することや、「三」を重要視することから法要が営まれます。 最近では省略されることも多いです。 その他の年忌法要 十七回忌 二十三回忌 二十五回忌 二十七回忌 などがありますが、これらは省略される事が多いです。 また、弔い上げを三十三回忌か五十回忌にするかや、地域や宗派によって、行われる法要に差があります。 三十三回忌 一般に最後の年忌とされ、三十三回忌を弔い上げとしています。弔い上げとなった場合は、その故人の位牌を片付け、「先祖」として合祀されます。 弔い上げは地域や宗派にもよりますが、通常の年忌よりも盛大に行われる事が多いです。また、五十回忌を弔い上げとする地域もあります。 五十回忌 五十回忌を弔い上げとする地域もあります。この場合は、 三十七回忌 四十三回忌 四十七回忌 にも法要がありますが、やはり省略されることも多いようです。