Pocket

葬儀・告別式が終了すると、通常の流れでは「精進落とし」という弔問者をねぎらう会食が開かれます。喪家側は精進落としの開宴とお開きの挨拶をする必要があり、精進落としの終了をもって、葬儀・告別式の一日の日程が終わります。また、葬儀・告別式が終わってから、僧侶や世話役、お世話になった人々に日を改めて挨拶回りをする必要があります。

精進落としや挨拶回りなどでの挨拶について、基本や例文を押さえておきましょう。

葬儀後の挨拶

精進落としの挨拶

精進落としの挨拶は2回

精進落としでは、僧侶や世話役を主賓に、弔問者を喪主・遺族がもてなす食事の席です。全員が着席した段階で喪主か親族代表が謝辞を述べる機会があります。挨拶の後で、参列者の一人ひとりにお酌をしながら労をねぎらいます。

精進落とし自体は1~2時間程度で切り上げるのが一般的です。ここでもお開きの挨拶をして、スムーズに帰れるように配慮することが大事です。

精進落としでの挨拶の構成

精進落としの冒頭の挨拶では基本的に以下の要素を盛り込みます。

  • 葬儀・告別式が無事終了したことへのお礼
  • 今後のご厚誼をお願いする言葉
  • 精進落としの飲食を勧める言葉
  • 結び

お開きの挨拶では

  • 宴席をお開きにする言葉
  • 葬儀・告別式でお世話になったことへのお礼・不行き届きに対するお詫び
  • 今後のご厚誼のお願い
  • 結び

などを盛り込むようにします。

葬儀後の挨拶回り

葬儀後にお世話になった僧侶や世話役の人、葬儀を手伝ってくれた人へお礼の挨拶回りを行います。葬儀当日にお布施や謝礼を渡していない場合は持参していきます

日程はできるだけ早いほうがよく、葬儀の翌日がベストですが、遅くとも一週間以内には済ませておくと良いです。

故人が会社員だった場合には、勤務先へ挨拶へ行き、必要な手続きを済ませます。

葬儀後の挨拶の例文

精進落としの開宴の挨拶

短い挨拶

本日は、皆様に大変お世話になりました。皆様のお力添えのお陰で、葬儀・告別式を滞り無く、無事に済ませることができました。心よりお礼申し上げます。
(①お礼の言葉)

ささやかではございますが、精進落としの酒肴しゅこうを用意いたしましたので、お時間の許すかぎりおくつろぎください。
(②開宴の案内)

父は旅立ってしまいましたが、残された私どもにも、父の生前と同様のご厚誼を賜りますよう、何とぞお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。
(③今後のお願い・結び)

ポイント:もてなしの席なので、挨拶も手短に、打ち解けた雰囲気を作るようにし努めましょう。

喪主として

本日は父の葬儀に長い時間お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。皆様のお力添えのお陰で、つつがなく葬儀を執り行うことができました。故人の長男として、心からお礼申し上げます。

告別式には、このように大勢の方が駆けつけてくださいました。父は良い方達に囲まれて父は幸せな人生だったと思います。今後は、私が父の遺志を継いで、家業を成り立てていくように、精一杯頑張ります。どうか、これまで以上のご指導・ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

形ばかりの粗餐そさんで恐縮ですが、精進落としの酒肴しゅこうを用意いたしました。皆様、大変お疲れのことと存じますが、ごゆっくり召し上がりながら、故人の思い出などお聞かせいただければと存じます。本日は、ありがとうございました。

ポイント:遺族としての心境は出棺の挨拶と重複する部分でもあるので、簡潔に済ませます。

親族を代表して

皆様、大変お疲れ様でした。皆様のご尽力がなければ、無事に葬儀を執り行うことができなかったと思います。厚く御礼申し上げます。

皆様には昨日に引き続いて、本日も朝早くから色々とお世話をいただき、深く感謝しております。

ささやかではございますが、精進落としの用意をいたしましたので、早速始めていただければと存じます。どうか、おくつろぎのうえ召し上がってください。

皆様のお席に遺族のものがご挨拶に回りますので、故人と親しくされていた方から、お話をうかがうことができれば幸いです。また、今後とも変わらぬご厚情を賜りたく、親族を代表してお願い申し上げます。簡単ではございますが、お礼のご挨拶といたします。本日はありがとうございました。

ポイント:親族代表は遺族への支援をお願いするようにしましょう。

精進落としのお開きの挨拶

喪主として

皆様、お話がはずんでいるところを恐縮ですが、明日のお仕事に差し障りがあっては申し訳ありませんので、そろそろお開きにさせてください。
(①精進落としの終了を告げる)

故人が生前に賜りましたご厚誼に厚くお礼を申し上げ、また今後におきましても遺族へご厚情を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
(②今後へのお願い)

なお、心ばかりのものを用意いたしましたので、どうかお持ち帰りください。
(③手土産の案内)

本日は、最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
(④結び)

ポイント:会葬返礼品香典の即日返しがある場合は案内しておきましょう。

親族代表として

皆様、本日はお疲れのところを最後までお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。

もっとごゆっくりしていただきたいところですが、明日のご予定もおありでしょうし、あまりお引き止めするわけにもまいりません。このへんで、お開きとさせていただきます。

本日は十分なおもてなしもできず、大変心苦しく思っております。どうかご容赦のほど、お願い申し上げます。

なお、四十九日の法要につきましては、後日改めてご案内申し上げます。ご都合がよろしければ、ぜひお運びいただければと存じます。

本日は長い時間ご尽力いただき、ありがとうございました。

ポイント:四十九日法要の案内や帰りのタクシーを呼んであるときなど、伝達事項があるときはしっかりと伝えておきましょう。

精進落としを省略するとき

昨日の通夜から本日の告別式まで、皆様方にはご尽力をいただき、誠にありがとうございました。お陰様で、つつがなく葬儀を終了することができました。

本来ならお食事を差し上げなければならないのですが、お忙しいところをお引き止めしてはご迷惑かと存じ、失礼させていただきました。心ばかりの品ですが用意をさせていただきましたので、どうかご受納ください。

今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

ポイント:僧侶に対しては、日を改めて挨拶に伺うことを伝えておくと良いでしょう。

葬儀後の挨拶回り

僧侶に対して

この度の父の葬儀では、ありがたいお経とご法話をいただき、誠にありがとうございました。父も安らかに黄泉路についたことと思います。

これは私どもの気持ちばかりのお礼でございます。どうかお納めください。

後日の法要につきましては、改めてご相談させていただきますので、その節はよろしくお願い致します。

ポイント:葬儀当日にお布施を渡していない場合は挨拶回りの時に渡すようにします。

世話役に対して

このたびは大変お世話になりました。深く感謝いたしております。通夜の準備から、葬儀・告別式まで一切を取り仕切っていただき、本当に助かりました。○○様がいらっしゃらなかったら、無事に葬儀を終えることはできなかったと思います。

何かお礼をしなくては気が済みませんので、持参しました。私どものほんの気持ちです。どうかお受取りください。

今後とも、何かとご相談することがあるかと思いますが、その節はよろしくお願いいたします。

ポイント:葬儀を世話役に手伝ってもらった場合は直接お礼に伺ったほうが良いです。心づけやお礼の品物を持参するようにしましょう。

町内会に対して

通夜から告別式まで、皆様に大変お世話になりました。町内会の方々のお力添えのお陰で、無事に葬儀を執り行うことができました。本当にありがとうございました。

これは心ばかりのお礼でございます。皆さんで召し上がってください。

これからも、故人の生前同様、よろしくお願い致します。

ポイント:町内会への返礼は、その町内会ごとのしきたりなどもあります。お礼で悩むことがあったら、他の会員にも相談してみると良いです。

近所の人に対して

生前中は、何かとお世話になり、ありがとうございました。

この度の葬儀に際してもご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。おかげさまで滞りなく葬儀を済ませる事ができました。

これはほんのお礼のしるしです。お口にあうとよろしいのですが…。

今後ともどうかよろしくお願いします。

ポイント:葬儀を自宅で執り行った場合は近隣の人にも挨拶回りをしておくとよいでしょう。

病院に対して

先生、父の入院中には大変お世話になりました。お陰様で無事に葬儀を済ませることができました。

入院中は、先生方に手厚い治療をしていただきました。皆様のご親切に心から感謝いたしております。心からお礼を申し上げます。

これは気持ちばかりのものですが、皆さんで召し上がってください。

ポイント:病院によってはお礼の品を断られる場合もあります。病院の規定に従うようにしましょう。
Pocket

https://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/04/orei-1024x576.jpghttps://memories-in-time.net/wp-content/uploads/2015/04/orei-150x150.jpgおさるお悔やみの言葉・弔辞・挨拶
葬儀・告別式が終了すると、通常の流れでは「精進落とし」という弔問者をねぎらう会食が開かれます。喪家側は精進落としの開宴とお開きの挨拶をする必要があり、精進落としの終了をもって、葬儀・告別式の一日の日程が終わります。また、葬儀・告別式が終わってから、僧侶や世話役、お世話になった人々に日を改めて挨拶回りをする必要があります。 精進落としや挨拶回りなどでの挨拶について、基本や例文を押さえておきましょう。 葬儀後の挨拶 精進落としの挨拶 精進落としの挨拶は2回 精進落としでは、僧侶や世話役を主賓に、弔問者を喪主・遺族がもてなす食事の席です。全員が着席した段階で喪主か親族代表が謝辞を述べる機会があります。挨拶の後で、参列者の一人ひとりにお酌をしながら労をねぎらいます。 精進落とし自体は1~2時間程度で切り上げるのが一般的です。ここでもお開きの挨拶をして、スムーズに帰れるように配慮することが大事です。 精進落としでの挨拶の構成 精進落としの冒頭の挨拶では基本的に以下の要素を盛り込みます。 葬儀・告別式が無事終了したことへのお礼 今後のご厚誼をお願いする言葉 精進落としの飲食を勧める言葉 結び お開きの挨拶では 宴席をお開きにする言葉 葬儀・告別式でお世話になったことへのお礼・不行き届きに対するお詫び 今後のご厚誼のお願い 結び などを盛り込むようにします。 葬儀後の挨拶回り 葬儀後にお世話になった僧侶や世話役の人、葬儀を手伝ってくれた人へお礼の挨拶回りを行います。葬儀当日にお布施や謝礼を渡していない場合は持参していきます。 日程はできるだけ早いほうがよく、葬儀の翌日がベストですが、遅くとも一週間以内には済ませておくと良いです。 故人が会社員だった場合には、勤務先へ挨拶へ行き、必要な手続きを済ませます。 葬儀後の挨拶の例文 精進落としの開宴の挨拶 短い挨拶 本日は、皆様に大変お世話になりました。皆様のお力添えのお陰で、葬儀・告別式を滞り無く、無事に済ませることができました。心よりお礼申し上げます。 (①お礼の言葉) ささやかではございますが、精進落としの酒肴しゅこうを用意いたしましたので、お時間の許すかぎりおくつろぎください。 (②開宴の案内) 父は旅立ってしまいましたが、残された私どもにも、父の生前と同様のご厚誼を賜りますよう、何とぞお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。 (③今後のお願い・結び) ポイント:もてなしの席なので、挨拶も手短に、打ち解けた雰囲気を作るようにし努めましょう。 喪主として 本日は父の葬儀に長い時間お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。皆様のお力添えのお陰で、つつがなく葬儀を執り行うことができました。故人の長男として、心からお礼申し上げます。 告別式には、このように大勢の方が駆けつけてくださいました。父は良い方達に囲まれて父は幸せな人生だったと思います。今後は、私が父の遺志を継いで、家業を成り立てていくように、精一杯頑張ります。どうか、これまで以上のご指導・ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。 形ばかりの粗餐そさんで恐縮ですが、精進落としの酒肴しゅこうを用意いたしました。皆様、大変お疲れのことと存じますが、ごゆっくり召し上がりながら、故人の思い出などお聞かせいただければと存じます。本日は、ありがとうございました。 ポイント:遺族としての心境は出棺の挨拶と重複する部分でもあるので、簡潔に済ませます。 親族を代表して 皆様、大変お疲れ様でした。皆様のご尽力がなければ、無事に葬儀を執り行うことができなかったと思います。厚く御礼申し上げます。 皆様には昨日に引き続いて、本日も朝早くから色々とお世話をいただき、深く感謝しております。 ささやかではございますが、精進落としの用意をいたしましたので、早速始めていただければと存じます。どうか、おくつろぎのうえ召し上がってください。 皆様のお席に遺族のものがご挨拶に回りますので、故人と親しくされていた方から、お話をうかがうことができれば幸いです。また、今後とも変わらぬご厚情を賜りたく、親族を代表してお願い申し上げます。簡単ではございますが、お礼のご挨拶といたします。本日はありがとうございました。 ポイント:親族代表は遺族への支援をお願いするようにしましょう。 精進落としのお開きの挨拶 喪主として 皆様、お話がはずんでいるところを恐縮ですが、明日のお仕事に差し障りがあっては申し訳ありませんので、そろそろお開きにさせてください。 (①精進落としの終了を告げる) 故人が生前に賜りましたご厚誼に厚くお礼を申し上げ、また今後におきましても遺族へご厚情を賜りますよう、心からお願い申し上げます。 (②今後へのお願い) なお、心ばかりのものを用意いたしましたので、どうかお持ち帰りください。 (③手土産の案内) 本日は、最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。 (④結び) ポイント:会葬返礼品や香典の即日返しがある場合は案内しておきましょう。 親族代表として 皆様、本日はお疲れのところを最後までお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。 もっとごゆっくりしていただきたいところですが、明日のご予定もおありでしょうし、あまりお引き止めするわけにもまいりません。このへんで、お開きとさせていただきます。 本日は十分なおもてなしもできず、大変心苦しく思っております。どうかご容赦のほど、お願い申し上げます。 なお、四十九日の法要につきましては、後日改めてご案内申し上げます。ご都合がよろしければ、ぜひお運びいただければと存じます。 本日は長い時間ご尽力いただき、ありがとうございました。 ポイント:四十九日法要の案内や帰りのタクシーを呼んであるときなど、伝達事項があるときはしっかりと伝えておきましょう。 精進落としを省略するとき 昨日の通夜から本日の告別式まで、皆様方にはご尽力をいただき、誠にありがとうございました。お陰様で、つつがなく葬儀を終了することができました。 本来ならお食事を差し上げなければならないのですが、お忙しいところをお引き止めしてはご迷惑かと存じ、失礼させていただきました。心ばかりの品ですが用意をさせていただきましたので、どうかご受納ください。 今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。 ポイント:僧侶に対しては、日を改めて挨拶に伺うことを伝えておくと良いでしょう。 葬儀後の挨拶回り 僧侶に対して この度の父の葬儀では、ありがたいお経とご法話をいただき、誠にありがとうございました。父も安らかに黄泉路についたことと思います。 これは私どもの気持ちばかりのお礼でございます。どうかお納めください。 後日の法要につきましては、改めてご相談させていただきますので、その節はよろしくお願い致します。 ポイント:葬儀当日にお布施を渡していない場合は挨拶回りの時に渡すようにします。 世話役に対して このたびは大変お世話になりました。深く感謝いたしております。通夜の準備から、葬儀・告別式まで一切を取り仕切っていただき、本当に助かりました。○○様がいらっしゃらなかったら、無事に葬儀を終えることはできなかったと思います。 何かお礼をしなくては気が済みませんので、持参しました。私どものほんの気持ちです。どうかお受取りください。 今後とも、何かとご相談することがあるかと思いますが、その節はよろしくお願いいたします。 ポイント:葬儀を世話役に手伝ってもらった場合は直接お礼に伺ったほうが良いです。心づけやお礼の品物を持参するようにしましょう。 町内会に対して 通夜から告別式まで、皆様に大変お世話になりました。町内会の方々のお力添えのお陰で、無事に葬儀を執り行うことができました。本当にありがとうございました。 これは心ばかりのお礼でございます。皆さんで召し上がってください。 これからも、故人の生前同様、よろしくお願い致します。 ポイント:町内会への返礼は、その町内会ごとのしきたりなどもあります。お礼で悩むことがあったら、他の会員にも相談してみると良いです。 近所の人に対して 生前中は、何かとお世話になり、ありがとうございました。 この度の葬儀に際してもご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。おかげさまで滞りなく葬儀を済ませる事ができました。 これはほんのお礼のしるしです。お口にあうとよろしいのですが…。 今後ともどうかよろしくお願いします。 ポイント:葬儀を自宅で執り行った場合は近隣の人にも挨拶回りをしておくとよいでしょう。 病院に対して 先生、父の入院中には大変お世話になりました。お陰様で無事に葬儀を済ませることができました。 入院中は、先生方に手厚い治療をしていただきました。皆様のご親切に心から感謝いたしております。心からお礼を申し上げます。 これは気持ちばかりのものですが、皆さんで召し上がってください。 ポイント:病院によってはお礼の品を断られる場合もあります。病院の規定に従うようにしましょう。